Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
干し方

【洗濯】ワイシャツの正しい洗い方!シワ予防はネットとボタンが重要



スポンサーリンク

ワイシャツを家で洗濯している人は、意外と正しい洗い方を知らない人が多いようです。

ワイシャツのシワを防ぐには洗濯ネットを使って、ボタンは外しましょう。

シワができたらアイロンがけも面倒です。

今回はシワができないワイシャツの正しい洗い方(ボタンは外す)洗濯ネットの活用法をご紹介します。



スポンサーリンク

【ワイシャツの洗濯】正しい洗い方!ボタンは留めてネットに入れる!

ワイシャツの正しい洗濯方法を見ていきましょう。

洗濯表示を確認する

まずは、ワイシャツについている洗濯表示マークを確認して、家の洗濯機で洗濯することができるかを確認します。

引用・参考元:消費者庁

洗濯表示は平成28年12月から新しくなっています。

旧洗濯表示の洗濯機や桶のマーク、新洗濯表示の桶に手を入れているマークは、洗濯機や手洗いなどで、家庭で洗濯することができます。

 

一方、新旧ともに桶にバツがついているマークは、家庭で洗濯することはできません。

ワイシャツや綿やポリエステル素材のものが多いので、ほとんどのワイシャツは家庭で洗濯できるのではないでしょうか。

でも、失敗しないために一度きちんと確認しましょう。

漂白剤が使用できるかの確認もしておきましょう。

漂白剤入りの洗剤もあるため、正しい洗剤選びに必要な情報にもなりますよ。

 

洗濯前にひと洗い

ワイシャツに汚れやシミなどがついていないか確認します。

特に襟や袖口は黄ばみがないかポケットにボールペンのインク染みがないかシャツの前面に食べこぼしがないかなどを確認します。

もし、シミや汚れがある場合は、洗濯前に事前にひと洗いしていくことで、ワイシャツをきれいに洗濯することができます。

 

ポケットの中を確認

ポケットについつい入れがちな、ティッシュやボールペンやレシートなどが入ってないか確認します。

うっかり入れたまま洗濯してしまったら、ティッシュまみれの大惨事になってしまいます。

ボールペンもワイシャツがインクまみれになったり、生地を傷めてしまうことがあります。

 

ボタンは外してたたんで洗濯ネットに入れる

袖口などのボタンはすべて外しましょう

ボタンがついたままで洗濯すると、生地の重なった部分の汚れが十分に落ちないことがあります。

また、ボタンをつけたまま洗濯するとボタンが引っ張られ、生地に負担をかけてしまいます。

外れそうなボタンは前もって外しておくといいですよ。

洗濯中にとれてしまい、無くなったり洗濯槽のすき間に入って故障の原因になりかねません。

 

洗濯ネットに入れるのは、他の洗濯物と絡んでしまったり、こすれて生地が傷まにようにするためです。

洗濯ネットに入れるとき、ワイシャツは裏がえしにしてたたんで入れましょう。

シャツの内側に汗や皮脂汚れが多くついているので、よく汚れが落ちるように裏返しにします。

洗濯ネットの選び方
  • 目が細かい洗濯ネット
  • ワイシャツをたたんだ大きさにぴったり合うサイズの洗濯ネット
洗濯ネットは100均やスーパーにも売っていて、そんなに高価なものではないので、洗濯用途に合わせた洗濯ネットをそろえるのもいいですね!

 

洗濯表示に合わせて洗濯コースを設定

洗濯表示マークを確認して、水洗い出来る場合は通常通りのコースで洗濯をします。

手洗いマークがついていた場合は、「ドライコース」や「手洗いコース」など、デリケートな衣類を洗うコースで洗濯します。

ドライ・手洗いコース 弱い水流を使って、脱水時間も短くしている。デリケートな衣類をやさしく洗いたいときに最適なコース。おしゃれ着用洗剤のしようがおすすめ。
毛布コース 標準コースよりも多くの水と時間をかけて洗濯する。毛布やタオルケットなどの大物な洗濯物を洗うときに最適なコース。
スピード・お急ぎコース 2回目のすすぎと脱水を省くので、洗濯時間が短い。急いで洗濯したい時や、汚れが少ないときは最適なコース。すすぎを1回で済ませられるなど専用の洗剤を使用するのがおすすめ。



スポンサーリンク

【ワイシャツの洗濯】シワを防ぐ工夫と干し方

きれいに洗濯できたワイシャツもシワができてしまっては、乾いた後にアイロンがけするのも大変です。

ワイシャツのシワができにくい、洗濯時の工夫や干し方を見ていきましょう。

脱水時間は短めにする

コースを選択すれば、全自動だと洗いから脱水まで時間が自動で設定されます。

ここで一工夫するだけでワイシャツにシワができにくくなります。

それは、「脱水時間を短くする」ということです。

脱水時に一番しわが出来やすいので、その時間を短くします。

脱水時間は約15~30秒程度にしましょう。

 

洗濯が終わったらできるだけ早く干す

洗濯が終わったら、いつまでも洗濯槽に入れっぱなしにせず、できるだけ早く干しましょう。

シワが入ったままワイシャツを放置すると、シワがしっかりついてしまって取れにくくなります。

 

洗濯機から出したら、ワイシャツの肩辺りをもって大きく何度か振りましょう。

ワイシャツについた大きなシワを取ることができます。

また、ワイシャツをたたんで手のひらで軽く叩いて、小さいシワを取ります。

このひと手間で、シワの付きかたがだいぶ変わります。

 

ワイシャツのしわを防ぐ干し方

ある程度シワを取ったら、肩部分がしっかりしたハンガーに干します。

肩部分がしっかりしたハンガーはワイシャツの型崩れを防いで、きれいな形のまま干すことができます。

 

最後にもうひと手間、ハンガーに干した後「襟・袖・ポケット・ボタン周囲」のシワを重点的に伸ばします。

また、脇や縫い目のシワを伸ばすことで、アイロンをかける手間がぐんと減って、きれいな仕上がりになりますよ!



スポンサーリンク

まとめ

今回はワイシャツのシワを防ぐ正しい洗い方(ボタンは外す)と洗濯ネットの活用をご紹介しました。

ワイシャツを洗濯する時のポイント
  • まずは家庭で洗えるか、洗濯表示を確認
  • シミや汚れがあったら、事前に洗っておく
  • ポケットに何もないことを確認
  • ボタンはすべて外して、たたんで洗濯ネットに入れる
  • 脱水は短めにする
  • 洗濯が終わったらすばやく干す
  • 干す前も干した後も、とにかくシワを伸ばす

ワイシャツを洗濯するときにひと手間かけることで、後からのアイロンがけが随分と楽になりますよ!

ワイシャツを正しく洗濯すれば、生地を傷めることが少なく長持ちもします。

ワイシャツを洗濯するときは、ぜひ試してみて下さいね。

洗濯後のアイロンがけがやっぱり面倒という人は、形状記憶機能がついたワイシャツもありますよ!

洗濯後返品OK 【 超形態安定 スマシャツ 】 ワイシャツ 長袖 形態安定 綿100% メンズ Yシャツ 形状記憶 ノーアイロン 形状安定 ノンアイロン カッターシャツ ビジネス 結婚式 ボタンダウン ワイド ホワイト 白 ブルー ストライプ 無地 就活 リクルート 



スポンサーリンク