洗い方

ジャージの汗の臭い取れない!スポーツウェアの臭いを洗濯で取る方法



スポンサーリンク

運動をすると汗が大量に出て、ジャージやスポーツウェアが汗臭いなんてことはありませんか?

汗の臭いが染みついて、洗濯をしても臭いが取れないというのは、本当に困ったものです。

今回は、ジャージやスポーツウェアについた汗の臭いがなかなか取れない原因や、汗の臭いを取る洗濯方法を紹介します。

子どもが持って帰って来る体操服などにも効果がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!



スポンサーリンク

ジャージ・スポーツウェアの臭いが取れないのはなぜ?

まずは、ジャージやスポーツウェアに汗の臭いが染みついてしまった場合、なぜ臭いが取れにくいのか原因を探っていきましょう。

実際に運動をした後、すぐに帰宅をしてウェアを洗濯することが理想ですが、なかなかそうはいかないですよね。

バッグに一時保管して、しばらくしてから帰宅し洗濯をするのが一般的です。

この洗濯するまでにかかってしまう時間こそが、ウェアに汗の臭いが染みついてしまう原因となるのです。

汗や皮脂をたっぷり吸いこんだウェアを放置しておくと、この汗や皮脂をエサにしてしまう菌が出てきてしまいます。

この菌を「常在菌」といいます。

常在菌は普段は私たちの体表面に存在し、悪い菌からバリアのようにして守ってくれる有難い菌なのですが、ウェアに付いて皮脂や汗を食べて増殖を始めたとき、臭い物質を作り出してしまうのです。

この臭い物質こそが、私たちが汗臭い!と感じる臭いの原因となります。

つまり、この常在菌がウェアに染みついて増殖している間は臭いが取れなくなってしまうのです。

 

これはウェアを保管しているバッグや袋も同じことが言えます。

ウェアを取りだしても袋が汗臭いということがありますよね。

バッグや袋に常在菌が発する臭い物質が染みついてしまっているのです。

次項ではジャージやスポーツウェアに染みついてしまった臭いを取る方法を紹介していくので、ぜひお試しください!



スポンサーリンク

ジャージ・スポーツウェアの汗の臭いを取る洗濯方法

まずは、ジャージやスポーツウェアに染みついた臭いを取る洗濯方法を紹介します。

準備するもの
  • ウェアが入る容器(洗面器など)
  • お湯(40℃くらい)
  • 衣料用洗剤

衣料用洗剤はお湯に溶けやすいように、液体タイプがおススメです。

さらに、除菌・抗菌タイプが表記されているものを使うようにしましょう。

  1. まず、用意した容器にお湯を入れましょう。
  2. 次に洗剤を入れ、お湯でしっかり溶かします。このときの洗剤の量は多めにしてください。高濃度の洗剤液にすることで、より効果が期待できますよ。洗剤を溶かすときは、火傷をしないように十分気を付けてくださいね。
  3. ウェアを洗剤液に入れ、30分ほど放置します。ときどき洗剤液を混ぜて、ウェアに洗剤が浸透するようにするといいですよ。
  4. 30分経ったら速やかに洗濯機に入れ、普段通りの洗濯をしてください。

あとは洗濯が終わり次第、しっかり干して乾燥させると、イヤな汗の臭いがスッキリ取れていますよ。

私は、この方法を子どもの体操服や汗の臭いが染みついてしまったタオルにも使ってます。

週に1回行うことで、イヤな臭いを取ることができるようになりました!

 

でも、週に1回の浸け置き洗いも面倒だな、そう感じている人は肌に直接塗ることができるデオドラントを利用してみてください。

スプレータイプのデオドラントは汗と一緒に流れ落ちてしまうことがあるので、あまりおススメできません。

肌にこまめにデオドラントを塗り、しっかり汗対策を行うことでイヤな汗の臭いがウェアに染みつくことを防ぐことができるようになりますよ。

さらに運動が終わった後は、ウェアを袋に入れる前に消臭スプレー(ファブリーズなど)を振り掛けておくこともおススメです。

スプレーボトルを持ち歩くのは重いので、ミニボトルに詰め替えてから持ち歩くと良いですよ。



スポンサーリンク

まとめ

今回は、ジャージやスポーツウェアについた汗の臭いがなかなか取れない原因や、汗の臭いを取る洗濯方法を紹介しました。

浸け置き洗いを行ったあとは、太陽の光をいっぱいウェアに浴びさせてあげましょう。

汗の臭いが気になって運動ができないなんてことの無いよう、こまめに洗濯を行ったり日々の対策を行いましょう!



スポンサーリンク