Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
洗い方

洗濯できる?スーツやズボンを自宅で洗う方法とお手入れ方法



スポンサーリンク

 

経済的にも時間的にも、自宅で気に入った香りの洗剤でスーツやズボンが洗濯できたらいいのにと思いませんか?

近年、スーツの素材が工夫され、自宅で洗濯できるスーツが増えてきているようです。

今回は、自宅で洗濯機でスーツやズボンを洗う方法日頃のお手入れ方法をご紹介します。

 

スーツやズボンをクリーニングに出すと、それなりの値段がしますよね。

クリーニング店に持って行って、仕上がったら取りに行くという手間も結構大変です。

ぜひ、参考にして頂ければと思います。

 



スポンサーリンク

自宅でスーツやズボンを洗濯する前にしておきたいこと

まずは、スーツやズボンを自宅で洗濯に取り掛かる前に準備をしましょう。

スーツやズボンの洗濯表示を確認する

スーツやズボンが自宅で洗えるのか、まずは洗濯表示を確認しましょう。

洗濯機、又は手洗いで洗える場合のみ、この洗濯方法が試せます。

手洗のみの表記でも、専用洗剤と洗濯機の専用コースを使って自宅で洗えます。

 

洗濯表示がわからない場合は、こちらも参考にしてみてください。

 

サイズの合った洗濯ネットを選ぶ

洗濯ネットがスーツやズボンより大きすぎると、洗濯ネットの中でスーツがうごいてしまい、型崩れの原因になってしまいます。

スーツの上衣は2つ折り、ズボンは三つ折りにして洗濯ネットに入れるので、スーツとズボンをたたんだ状態で、ちょうどいい大きさのネットを選びましょう。

 

「おしゃれ着洗い」の洗剤を選ぶ

「おしゃれ着洗い」と表記されている洗剤を準備しましょう。

各洗剤メーカーが、おしゃれ着洗いの洗剤を販売しています。

必ず、おしゃれ着洗いと表記されたものを選んでくださいね。

 

色落ちがしないか確認する

洗濯前に、スーツやズボンの目立たない部分に、洗剤を浸み込ませ、その後白い布やティッシュ等でおさえて、色落ちしないかのチェックを行ってください。

スーツやズボンから色落ちするようであれば、残念ですが洗濯は諦めたほうが無難です。

 



スポンサーリンク

スーツやズボンを自宅で洗濯する方法

では、スーツやズボンを自宅で洗濯する方法を見ていきましょう。

1、スーツやズボンをたたんで洗濯ネットに入れる

スーツの上衣は、ボタンは閉めずに内側に2つ折りにします。

ズボンまたはスカートのチャックやホックはとめます。

ズボンは3つ折りにして、スカートは上衣の大きさに合わせて、2つ折り又は3つ折りにたたんでください。

 

たたんだスーツを重ねて、上衣と下衣を同じ洗濯ネットに入れます。

上下別々に洗うと、万が一色落ちしてしまった場合に、上衣と下衣に色の差が出てしまうことがあります。

一緒に入れることで、型崩れもしにくくなります。

 

洗濯機のコースを選ぶ

洗濯機メーカーにより「ドライコース」「おうちクリーニングコース」「手洗いコース」、「ソフトコース」など、コースの名称はさまざまあるようです。

どれも、短時間弱脱水で、衣類へのダメージが少なくなるように設定されています。

短時間の脱水で終えると、洗濯でしわができてしまうのを防いでくれます。

その後のアイロンがけの手間が大きく変わってきますよ。

 

洗濯を終えたら干す

スーツやズボンの洗濯を終えたら、すぐに干しましょう。

いつまでも、洗濯層の中にそのままにしていては、しわになったり臭くなってしまう原因になります。

 

上衣はスーツ専用の肩の幅の広いハンガーを利用して、日陰で風通しの良い場所に干します。

干す際は、大きく振ってしわを伸ばし、ハンガーにかけたら縫い目の部分を軽く引っ張り形を整えて縮むのを防ぎます。

細かいしわもきちんと伸ばしてあげると、仕上がりがきれいになります。

 

ズボンやスカートは、ピンチの付いた小物干しに、よく風が通るように筒状にして干します。

こちらも形を整えたりや、縫い目を伸ばして整えて干します。

 

乾いたらアイロンをかける

スーツやズボンが乾いたら、素材表示に表記された温度に合わせてアイロンがけをしましょう。

その時、必ずあて布をしてください。

裏地からアイロンをかけて、次に表地をかけていきます。

表地は、アイロンを往復させるように動かします。

少し手間ですが、片道はスチームでかけて生地を蒸らしてから、戻る際はスチームを切ってスーツの形を整えつつ、プレスするようにかけるとキレイに仕上がりますよ。

 



スポンサーリンク

日頃のスーツやズボンのお手入れ方法は?

スーツやズボンを長持ちさせるには、やっぱり日頃のお手入れが大切になってきます。

スーツ専用のハンガーにかける

肩のラインにあった、肉厚で丸みがあり前方にカーブをしているものを選ぶと型崩れしにくくなります。

ズボンはズボン専用の、クリップ付きのハンガーで裾を上にして吊るすとしわも取れやすいですし、新たにしわになるのも防いでくれますよ。

 

ブラッシングをする

毛足が長く、毛が密生している、やや硬めの豚毛などのブラシで下から上にホコリを払っていきます。

スーツやズボンをブラッシングした後は、しばらく風通しの良いところで湿気を取ってから、直射日光の当たらないところで保管しましょう。

 

ローテンションして休ませる

スーツやズボンは続けて同じものを着ずに、ローテーションして休ませるようにしましょう。

1日着てお手入れして、2日は休ませるのがベストなサイクルです。

続けて着ないのが、スーツを長持ちさせるコツです。

 



スポンサーリンク

まとめ

仕事で毎日スーツやズボンを着用する方は、特に汗や汚れ、匂いが気になりますね。

汚れをほおっておくと、ばい菌が繁殖したり、しみになったりする心配があります。

いつも清潔にスーツやズボンを着用できるよう、洗濯表示を守って自宅で洗濯しお手入れして、お気に入りのスーツやズボンが長持ちするようにしたいですね。

 

ただ、自宅の洗濯機でスーツやズボンを洗うのは、やっぱり少し勇気と手間が要るかもしれません。

洗濯表示を確認して自宅で洗濯できないスーツやズボン、やっぱり自分で洗う勇気がないという場合には、無理せずにプロのクリーニングにお願いしましょう。

 



スポンサーリンク