洗い方

レインコートを洗濯機で洗うと壊れる?お手入れ方法と洗濯方法を解説



スポンサーリンク

レインコートのお手入れ方法ってご存知ですか?

レインコートを洗濯機で洗濯すると、洗濯機が壊れる可能性があるんです!

使ったあとのレインコートの正しい洗濯方法・お手入れ方法を知っておくと安心ですね。

今回は、レインコートを洗濯機で洗うと壊れる理由と正しい洗濯方法、撥水効果が弱まった時のお手入れ方法をご紹介します。



スポンサーリンク

レインコートを洗濯機で洗うと壊れる?洗濯機で洗濯したらダメな理由

レインコートを洗濯機で洗ってしまうと、洗濯機が壊れてしまう可能性があるとお話しましたが、なぜレインコートを洗濯機で洗うと洗濯機が壊れてしまうのでしょうか?

理由は洗濯機でレインコートを洗濯したときに、洗濯機の脱水の時にレインコートが排水の穴をふさいでしまうからなのです。

防水性が高いものを洗濯機で洗濯してしまうと、排水がうまくいかず洗濯機がエラーになってしまうことがあり、衝撃で洗濯機の軸が歪んでしまうとそのまま洗濯機が壊れてしまう原因になってしまうのです。

レインコートはご家庭でも洗うことはできますが、洗濯する方法には注意が必要ですね!



スポンサーリンク

レインコートの正しい洗濯方法

レインコートを洗濯する場合には、洗濯機を使用すると洗濯機を壊してしまう可能性があるので、洗濯をするときは手洗いをするようにしましょう。

レインコートを手洗いで洗濯する方法には、まず洗濯表示を確認してからおこないます。

もし、洗濯表示が水洗い不可やドライのマークのみの場合は自宅で洗濯するよりクリーニングに出した方が安心ですね。

手洗いが可能な場合でも、使用する洗剤はおしゃれ着洗いを使用するのがおすすめですよ。
  1. ぬるま湯に洗剤を溶かしてからレインコートを浸します。
  2. 洗う時はレインコートの撥水効果を弱めてしまうのでごしごしこすって洗うのではなく、前後や左右にレインコートを振りながら洗う「振り洗い」で洗うようにします。
  3. 汚れが取れたあとは、洗剤が残らないようにしっかりすすぎます。
  4. しっかりすすぎ終わったあとは、タオルで軽く水気吸い取ってから直射日光が当たらないところでしっかりと乾かします。

洗剤がレインコートに残ってしまうと撥水効果を弱めてしまう原因になるので、しっかりとすすいで洗剤を洗い流してくださいね。

どんなに気をつけていても、長くレイコートを使っていると撥水効果がなくなってきますよね。

次は、撥水効果が弱くなってしまった場合のお手入れ方法をご紹介します!



スポンサーリンク

レインコートのお手入れ方法(撥水加工が弱まったら)

お手入れをしていても、長く使っているとレインコートの撥水加工が弱まってきてしまい、水のはじきが悪くなってきてしまいます。

そんなとき、レインコートの撥水効果を復活させるには、ドライヤーの熱をレインコートにあてるだけなのです。

ドライヤーの熱をレインコートに当てるだけで、撥水効果のためにレインコートに施されているフッ素化の乱れてしまった繊維が整い撥水効果が復活します。

しかし、熱に弱い素材で出来ているレインコートだとドライヤーの熱で素材を痛めてしまうので、洗濯表示でアイロンの使用が可能になっているか確認してからにしてくださいね。

 

もし、この方法でも撥水効果が復活しない場合は、レインコートの撥水加工が取れてしまっています。

その場合は、防水スプレーをレインコートに吹きかけて撥水加工を新たに施すことで、またレインコートに撥水効果が復活しますよ。

レインコートが汚れた状態で防水スプレーをしても撥水効果が発揮されないので、防水スプレーをかける前にはレインコートを綺麗に洗濯してから使用するようにしてくださいね。



スポンサーリンク