Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
洗い方

洗濯時間はどれくらいがおすすめ?洗いは10分で汚れが落ちる!?



スポンサーリンク

皆さんは洗濯時間はどれくらいですか?

洗濯機で洗い・すすぎ・脱水をすると、結構時間がかかっているんだなと感じます。

できれば、洗濯時間は短い方が良いですよね。

洗濯時間や洗いの時間はどれくらいがおすすめなのでしょうか?

そこで、今回は洗濯時間はどれくらいがおすすめなのかを調べてみました。



お届けしたいのは「心」と「時間」のゆとりです【家事代行サービスキャットハンド】



スポンサーリンク

洗濯時間はどれくらいかかってるの?

洗濯機の機種にもよりますが、標準コースの平均は40~50分程で「洗い15~20分」→「すすぎ15~20分(すすぎ2回)」→「脱水5~10分」という流れで行われています。

その後の干す時間も含めたら、トータルで洗濯に1時間ほどかかっている計算です。

洗濯は、家事の中で大きな仕事の一つです。

毎日洗濯をする方であれば、特にこの時間をどう短縮するか、頭を悩ませているところですよね。

 

洗濯機によっては「スピードコース」が設定されていて、その場合は「洗い10分」→「すすぎ10分(すすぎ1回)」→「脱水10分」の合計30分程で終了します。

すすぎを2回から1回に減らし、脱水時間を減らすことで、時短と節水も可能にしています。

 

ただ「スピードコース」を利用していても、「きちんと汚れが落ちているか心配」「使ってみたが、汚れが落ちていなかった」など、不安や不満を感じる人も多いようですね。

洗濯物の汚れ具合によって、洗い・すすぎ・脱水の時間、洗濯洗剤を変えていく必要がありそうです。



スポンサーリンク

洗濯時間はどれくらいがおすすめ?洗いは10分で落ちる!?

洗濯機の標準コースでは、「洗い10~20分」となっていますが、一体洗濯時間はどれくらいがおすすめなのでしょうか?

実は、普段の軽い汚れであれば、“洗い4~5分”でほとんど落ちているのです!

しかもその洗浄力は、その後時間をかけても増すことはありません。

 

また、洗い時間を長くすることで、一度洗濯水に流れ出た汚れが再び衣類に付着するおそれや、長時間洗濯することで衣類の繊維が傷むことも考えられるのです。

つまり洗濯時間は、スピードコースにあるように「10分」が適正の時間だったのですね。

 

とは言っても、これは軽い汚れのはなし。

泥汚れ、食べこぼし、皮脂汚れなど、汚れが酷い場合はどうしたらよいのでしょうか?

その場合は、洗濯洗剤や専用の固形石鹸を汚れ部分に直接塗って下洗いをします。

その後は普段通りに洗濯すれば大丈夫です。

 

では、すすぎ時間はどうでしょうか。

最近の洗剤は、1分ほどのすすぎ洗浄でかなり落ちていることが分かっています。

その後3~5分程でほとんど洗剤は無くなり、その後時間を増やしても効果は変わりません。

つまり、すすぎ時間5分あれば十分なのです。



スポンサーリンク

洗濯時間を時短する方法は?

洗濯機に「スピードコース」がある場合は、それを上手く活用して時短できます。

それでも、「10分では汚れ落ちが不安」「すすぎ1回では落ちていないかも」と心配な方は、汚れがより落ちやすくなるように、以下の方法も一緒に試してみましょう。

 

  • 洗濯洗剤は、「すすぎ1回OK」「スピードコースOK」と表示されているものを使う
  • お湯を使って洗う

洗濯洗剤は、「すすぎ1回OK」などの表示がある泡切れのいいタイプを選ぶとすすぎの回数を減らすことができます。

 

洗濯洗剤や漂白剤は、水よりもお湯を使うことで、洗浄力をより高めることが出来ます。

洗濯機に、残り湯用のホースが付いている場合は、ぜひお風呂の残り湯を使いましょう。

すすぎに水道水を使えば、汚れも残りません。

 

  • 漂白剤を使う

衣類の臭いが気になる場合は、除菌効果のある漂白剤を一緒に使うことで、見えない汚れもすっきり落とせます。

 

では「スピードコース」以上の短縮はできないのでしょうか?

洗いやすすぎは、時間をかけても効果が上がらない事が分かったので、その最短の時間を計算すると・・・

「洗い5分」→「すすぎ3分」→「脱水3分」の「合計約15分」も洗濯時間を短縮可能なのです!

 

ただしこれは、汚れが軽い場合、すすぎ1回OKの洗剤を使う場合に限ります。

洗濯時間がどうしても取れない場合は、ぜひ試してみたいですね。

 

タイマー機能で洗濯時間を短縮

洗濯機には、洗濯の出来上がり時間を設定できるタイマー機能がついているものがあります。

夜のうちにセットしておいて、朝起きたらすぐに干せるようにしておいたり、外出から戻る頃にセットしておけば、効率よく洗濯をすることができますよ。



スポンサーリンク

まとめ

洗濯時間を少しでも短縮するには、洗濯洗剤を変えたり、洗濯機のコースを変えたりすると出来ることが分かりました。

洗濯物の量や汚れ具合を見て、上手く活用していきたいですね。

 

洗濯時間のポイント
  • 洗濯時間の平均は40~50分。干す時間も含めると1時間はかかっている人がほとんど。
  • 洗い時間のおすすめは10分。軽い汚れであれば5分で落ちていて、10分以上洗っていてもその洗浄力は増えない。
  • 専用の洗剤を使って、洗濯機の「スピードコース」を使えば、洗濯時間を短縮できる。



お届けしたいのは「心」と「時間」のゆとりです【家事代行サービスキャットハンド】



スポンサーリンク