Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
洗い方

【洗濯時間のマナー】朝は何時から夜は何時まで?騒音対策を紹介



スポンサーリンク

洗濯というのは、その人の生活環境によって時間が左右されるものです。

気を付けておきたいのが、洗濯はアパートやマンション住まいの人だと騒音問題にもなりかねないということ。

洗濯時間のマナーを守って近隣の方とのトラブルは避けたいですね。

 

洗濯時間のマナーとして、洗濯は何時から何時までなら大丈夫なのか防音対策はどうするべきなのかも合わせてご紹介します。

まずは、朝洗濯することと夜洗濯することのメリットとデメリットを知ることが大切です。

例えば、専業主婦の方であれば朝洗濯した方が昼間には取り込めて便利ですが、一人暮らしの方であれば夜洗濯した方が楽です。

 

クローゼットもすっきり!手間のかかる衣替えはプロに任せて楽ちん!保管付き宅配クリーニング「リナビス」の公式サイトはこちらをクリック!


洗濯する時間は朝派?それとも夜派?メリットとデメリット

多くの人がイメージする洗濯の時間です。

しかし、朝に洗濯するメリットは何か知っている人は少ないです。

 

同じように、夜に洗濯するのはデメリットが多いイメージがありますが、実際はどうなのか。

朝洗濯する方が良いとか夜洗濯する方が楽、という意見も色々あると思います。

どちらにせよ、メリットデメリットは必ずあるので、参考にしてみてください。

 

朝洗濯をするメリット・デメリット

朝洗濯をする大きなメリットは、しっかりとした生活サイクルが身につくことです。

ライフスタイルが異なる仕事をしている人でも、専業主婦の方でも決まった時間に起きて、家のことをするというのは非常に健康に良いです。

 

朝の日差しを浴びると、体内時計が整い、体調管理もしやすくなることがわかっています。

また、洗濯物が乾くまでに時間がかからないという点もメリットです。

 

一方でデメリットは、前日眠るのが遅くなれば当然寝不足になります。

洗濯というのは、洗濯物の量によって洗濯時間や干す手間が変わってくるので、多ければ多いほど早く行動しなくてはいけません。

家族が多い家だとその分洗濯の回数も増えるので、1日のリズムが崩れてしまうこともあります。

時間を短縮する方法として、予約タイマーを活用

朝洗濯するときは、ぜひ予約タイマーを前日の夜にセットしておいてください。

ちょうど良い時間に、洗濯が終わるようセットすることで、家事がスムーズになりますよ。

 

夜洗濯をするメリット・デメリット

夜洗濯をする大きなメリットは、家事時間の短縮です。

夜のうちに洗濯をしてしまえば、朝の時間に余裕を持たせることができます。

また、汚れた衣類を早急に洗濯することによって、より清潔感を保つことができるというメリットもあります。

 

一方でデメリットは、騒音問題が一番です。

洗濯機というのはイメージしているよりも音が大きく、住まいの環境によっては迷惑行為だと近隣から苦情がくるかもしれません。

部屋干しの場合は、湿気がこもりやすくなるので、対策が必要になります。

部屋干し用の洗剤を使用してみたり、扇風機を当てる

夜洗濯をする際は、部屋干し用の洗剤を使用してみたり、夏場であれば扇風機を当ててみるなどしてみてください。

乾くのが早くなるので、湿気も減少します。

 

 



スポンサーリンク

洗濯するのは朝何時から夜何時までなら大丈夫?

集合住宅でも一戸建てでも、洗濯時間にはマナーというものが存在しています。

それらを知っておかなくては、トラブルの要因になってしまう可能性もあります。

朝であれば何時から大丈夫なのか、夜何時までなら大丈夫なのかを詳しくご紹介します。

 

アパートやマンションなどの集合住宅の場合

アパートやマンションなどの集合住宅だと、より洗濯時間のマナーが重要になります。

アパートやマンションの集合住宅は、騒音が響きやすく、他の住人にストレスを感じさせてしまうことになりかねません。

そのため、しっかりと配慮した洗濯時間のマナーを知っておきましょう。

 

当たり前ですが、早朝や深夜に洗濯をするのはマナー違反です。

それぞれの家庭の生活環境やライフスタイルによって、変わってはきますが、大体朝の8時から夜の20時くらいまでが許容だと考えられています。

多くの人が生活をしている時間帯だから、というのがその理由です。

 

より騒音問題にならないように配慮するなら、できれば夕方には済ませておくと安心です。

住んでいる集合住宅によって、決められている可能性もあるので入居時に確認しておくようにしてください。

 

一戸建ての場合

集合住宅よりは比較的洗濯時間のマナーは緩いのでは?と思われがちですが、案外そうでもありません。

生活音というのは意外に響くものですし、ご近所というのは知らぬ間にしっかりと近隣を見ています。

 

そのため、知らず知らずに迷惑になっている可能性があるので、洗濯時間マナーは存在していると考えておきましょう。

住宅街で家同士が近い場合は、集合住宅と同じ時間が洗濯時間のマナーとなります。

 

近隣住宅が離れて建っている場合は、朝の7時から夜の22時くらいを目安にしてください。

ただ、やはり集合住宅同様に朝の8時から夜の20時くらいまでと考えておくと、より安心ですね。

離れているから騒音が響かないだろうと思っても、常識的なマナーとして配慮した時間に洗濯をしましょう。

 



スポンサーリンク

知っておきたい騒音対策のポイント

いくら洗濯時間のマナーを守っていたとしても、洗濯時の振動はかなりの騒音です。

そこで、騒音対策としては、洗濯機の音と振動に気を付けましょう。

 

  • 洗濯機の振動が響かないようにする

洗濯機の振動が床に伝わり階下に響くことを防止します。

振動を防止するゴムを洗濯機の足の下に置くと、振動が抑えられ、床に伝わりにくくなります。

 

  • 洗濯機の音を遮断する

洗濯機周りの壁に吸音材を貼ることで防音効果が期待できます。

こうした少しの工夫で、騒音を気にせず洗濯することができるので、覚えておくと良いです。

 



スポンサーリンク

洗濯時間のマナーが守れそうにないときの対策

仕事や家族の都合などで、どうしても洗濯時間のマナーが守れそうにない時がありますよね。

休日にまとめて洗濯する

休みの日であれば、朝でも夜でも洗濯時間を気にせず日中に洗濯することができますね。

洗濯物の量が増えて、数回洗濯することになりますが、騒音トラブルは避けられますね。

予約タイマーを使う

騒音が気にならない時間に予約タイマーを設定しておけば、脱水まで済んであとは干すだけです。

洗濯物を干すだけなら、騒音も気にすることはありませんね!

時間を有効に使えて、効率的に洗濯を済ませることができます。

コインランドリーを利用する

コインランドリーであれば、朝でも夜でも時間を気にせず、騒音も気にせずに洗濯することができますね。

コインランドリーは費用はかかりますが、乾燥機までそろっているので洗濯物を干す手間も省けますし、布団などの大型のものおもいっきり洗うことができます。

 

周囲への配慮というのは、自分がその家に住んでいく上で非常に大切なことになります。

もし、自分がされたら嫌だなと思うことはしないことがベストです。

 



スポンサーリンク

まとめ

洗濯時間というのは、朝でも夜でもどちらにせよ、マナーとして守らなくてはいけない時間帯にすることが大事です。

朝に洗濯するメリット、夜に洗濯するメリット、どちらも考えながら自分達の暮らしに合った時間帯を選ぶようにするといいですね。

 

また、洗濯時間のマナーを守っていたとしても、騒音は意外と自分では分からないことが多いです。

そのため、きちんと最初から洗濯機の下に防振ゴムを置くなどして、騒音対策をしておくと安心ですよ。

 



スポンサーリンク