干し方

洗濯物は夜に外干ししてもいい?メリットとデメリットを詳しく解説



スポンサーリンク

 

共働きで忙しくしていたり、すっかり洗濯をするのを忘れてしまって夜になっていた、ということは多くの家庭であります。

時間を有効に使うために、できれば夜に洗濯物を外干ししたいと思う人も多いようです。

 

ただ、夜に外干しすると洗濯物が乾きにくいといったデメリットの方が多いような気がしますよね。

今回は、夜に洗濯物を夜外干しすることでのメリットデメリットをご紹介します!

自分にとって、朝干す方がいいのか夜干す方がいいのか、検討してみてくださいね。

 



スポンサーリンク

洗濯物を夜に外干しするメリットは?

実は、様々な視点から見てみると、洗濯物を夜に外干しするメリットは意外と多くあります。

洗濯物に雑菌が繁殖しにくい

多く場合、帰宅後入浴の際に衣服を脱ぎ、次の日に洗濯をするというサイクルですよね。

そうなると、1日の汗や皮脂を含んだ衣類をそのままにしておく、ということになるので衣服に雑菌が繁殖してしまいます。

 

一方で夜に洗濯をすると、脱いで間もない状態ですぐに洗濯をすることになるので雑菌が繁殖しにくくなります。

そのため、よりキレイな状態で外干しをすることができます。

 

洗濯物にホコリや汚れがつきにくい

昼間は人も車も動いていて、あらゆるものが活動している時間です。

交通量が多い家に住んでいる人や工場地帯の付近に住んでいる人は、夜に洗濯物を外干しした方がホコリなどで汚れにくいです。

 

室内干しよりは乾く

洗濯物がよく乾くには、特に適度な風(空気の流れ)が必要になります。

部屋干しよりは、外干しのほうが風があり空気の流れがあるので、洗濯物が乾きやすきなります。

特に夏の夜間は、衣服も薄手のものがおおいですし、風が吹くと洗濯物が乾きやすきなります。

ただ、夏はゲリラ雷雨など急な天候の変化もあるので気をつけましょう。

 

紫外線に当たって日焼けの心配がない

昼間の紫外線というのは、衣服の日焼けの原因にもなります。

朝干して、昼間はずっと太陽に当たりっぱなしということもよくあります。

紫外線に弱い靴下などは、特に夜外干しした方が良いです。

 

時間を効率よく使える

朝に洗濯をして外干しする手間よりも、夜に洗濯して外干ししておいて朝に洗濯物を取り込む方が時間を有効に使えます。

朝というのは1日の中で最も忙しい時間です。

1分1秒でも効率的に動くためには、夜に洗濯をする方が断然おすすめです。

 



スポンサーリンク

洗濯物を夜に外干しするデメリットは?

洗濯物を夜に外干しするメリットがあれば、やはりデメリットもあります。

防犯上の心配

洗濯物を夜に外干しする大きなデメリットは、防犯上の問題です。

夜に女性物の衣服が外干しされていたら、盗まれる可能性があります。

また、夜に洗濯物を外干していたら、日中は家にいないのでは?と留守かどうかの判断材料にされてしまいます。

泥棒に入られる可能性を高めるかもしれません。

 

虫が卵を産みつけるかも!?

山が近い地域や、緑の多い公園の近くに住んでいる場合は、虫にも要注意です。

知らぬ間に虫が卵を産みつけていたと言う話も良く聞きます。

産みつけたことに気付けばいいですが、気付かずに着てしまうと大変です。

想像しただけで、恐ろしい・・・汗

【どうして虫がつくの??】

水分補給をしようと、虫にとって濡れている洗濯物は好都合なんです。

また、虫は光に集まってくる習性があります。

白い洗濯物にわずかな光が反射しても、虫が集まってきやすいんです。

他にも、多くの虫は匂いが強いものに寄って来やすいんです。

洗濯洗剤や柔軟剤の匂いにつられて虫がよってくることがあるようです。

 

騒音問題になる

夜に洗濯物を干すということは、夜に洗濯をしているということなので、騒音問題にも注意しなくてはいけなくなります。

遅くとも21時くらいには洗濯を終わらせていた方が良いですね。

夜に外干しするときは、こうした気遣いが必要になることをデメリットと感じる場合もあります。

 



スポンサーリンク

洗濯物を夜に外干しする時に注意するべきこと

洗濯物を夜に外干しするときには、少し気をつけて工夫することでトラブルが少なくなります。

乾燥機にかけよう

洗濯物を夜に外干しをする前に、できるだけ水分は取ってから干すようにしましょう。

乾燥機にかけることで水分を取ることができますし、アイロンを当てることでも水分をとることができますよ。

干し方を工夫する

夜に外干しするので、できるだけ洗濯物が乾きやすい干し方をしたいですね。

スカートやズボンは、ピンチハンガーで筒状に干して空気の流れができるように干します。

パーカー付きの衣類は、パーカー部分が重ならにように逆ささまにして干します。

ジーンズは裏がえしにして干すことで、ポケット部分にも風当たって半乾きを防ぐことができますよ。

騒音に注意する

洗濯機の音は、自分が思っているより大きな音で騒音となってしまうことがあります。

また、外干しするときの音も気になる人は気になるかもしれません。

自分の住んでいる環境や周りの状況に合わせて対応しましょう。

防犯上の問題に気をつける

デメリットでもお伝えしたように、特に女性の洗濯物を外に干すときには注意が必要です。

目について困る洗濯物は見えないように干すか、部屋干しにすることも考えましょう。

 



スポンサーリンク

洗濯物を外干しするのは朝と夜どっちがいい?

朝干すと殺菌作用もありますし、洗濯物がすぐに乾くというメリットがあります。

ただ、毎朝忙しくなってしまって、バタバタする可能性があります。

これが毎日となると疲れもたまります。

 

一方で洗濯物を夜外干ししても、メリットは多いと言えます。

一概にどちらが良い、というようには言えませんが、最終的にはその人の生活スタイル環境で判断するべきです。

 

例えば、仕事の制服の替えがないとか汗をかく仕事に就いている場合は、早急に洗濯をする必要があるので、夜に洗濯をした方がメリットが大きいです。

また、住んでいる地域によっては、朝に洗濯をした方が良いということもあります。

自分がどのような環境で暮らしているのか、それによって朝と夜どちらに洗濯をした方がメリットが多いのかを良く考えてみましょう。

 



スポンサーリンク

まとめ

夜に洗濯して外干しすると、汚れの落ちが早い反面、虫や騒音などのデメリットも存在しています。

あまり良いイメージを持たれていない夜の洗濯ですが、その人の生活スタイルや環境によっては、夜に洗濯して外干しする方がメリットがある場合もあります。

一概に夜に洗濯物を外干しすると良くない、と思うのではなく、自分にとって生活しやすいかという点で考えてみましょう。

 



スポンサーリンク