Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
洗濯グッズ

洗濯洗剤のおすすめランキング!液体派?粉派?どっちがいい?



スポンサーリンク

洗濯洗剤を買いに行くと、店頭には沢山の種類が並んでいますよね。

どれが良いのかよく分からないまま、結局いつもの洗剤を買ってしまいます。

今回は、洗濯洗剤のおすすめランキングをご紹介します。

自分の洗濯物にはどんな洗剤が合うか、おすすめランキングを参考にしてみてくださいね!

昔からある粉末洗剤?使いやすい液体洗剤?それぞれの特徴やおすすめ洗剤を調べてみました。

 

クローゼットもすっきり!手間のかかる衣替えはプロに任せて楽ちん!保管付き宅配クリーニング「リナビス」の公式サイトはこちらをクリック!


洗濯洗剤の液体と粉末はどう違う?

昔からある粉末洗剤と液体洗剤は、どのような違いがあるのでしょうか?

粉末洗剤

粉末洗剤の主成分は「アルカリ剤」で、弱アルカリ性です。

アルカリ剤は泥汚れに強いので、頑固な泥汚れもすっきり落とすことができます。

衣類には目に見えない汚れも付いていますが、その多くが酸性なので、反対のアルカリ性の粉末洗剤は洗浄力が高いといえます。

 

ただ、洗浄力がと高いということは、衣類の繊維を傷つけやすいということでもあります。

白い衣類をより白く見せるための蛍光漂白剤が入っていることも多いので、色鮮やかな洋服や長く着たいおしゃれ着などには不向きです。

溶け残りを心配する人も多いようですが、最近の粉末洗剤は改良が進んできています。

液体洗剤

液体洗剤は、アルカリ剤は少ししか入っておらず、界面活性剤が多くを占めている「中性」です。(稀に「弱アルカリ性」の液体洗剤もあり)

界面活性剤は、脂と水を混ぜるのに適しているので、皮脂汚れに強い洗剤です。

液体のため溶け残りの心配もなく使いやすく、柔軟剤や香料が混ざっている商品もあります。

第三の洗剤と言われるジェルボールも、中身は液体洗剤が入っています。

 



スポンサーリンク

洗濯洗剤の選び方のポイント

洗剤選びに迷ったら、以下のポイントで選んでみましょう。

洗濯物の汚れ具合から選ぶ

小さなお子さんがいて食べこぼしのシミがある、部活動で泥汚れが多い、作業着の仕事をしている、という場合には、洗浄力の高い“粉末洗剤”がおすすめ。

一方、汗や皮脂汚れニオイが気になる、という場合は、皮脂汚れに強く抗菌作用や香料が含まれてることが多い“液体洗剤”がおすすめ。

 

 使用するシーンによって選ぶ

洗濯物のほとんどを部屋干し、花粉症や梅雨など季節によって部屋干しが多くなる、と言う場合は、消臭除菌効果に優れた“部屋干し用”の洗剤がおすすめです。

 

また、セーターなどの柔らかい素材、長く着たいお気に入りの服などは、繊維へのダメージが少ない“おしゃれ着用洗剤”がおすすめ。

 

洗濯の手間や時間を少しでも省きたい

洗濯の時間を少しでも省きたい方は、洗剤の計量をしないで済む“ジェルボール”や、洗濯機のスピードコースに対応している“液体洗剤”がおすすめ。

 



スポンサーリンク

洗濯洗剤のおすすめランキング

テーマ別に洗濯洗剤のおすすめランキングをご紹介します。

がんこ汚れに強いおすすめランキング

1位:花王 アタック 高浸透リセットパワー

粉末洗剤の中でも、洗浄力はトップクラスです。

低価格なので、コストパフォーマンスも良いですよ

 

2位:P&G アリエール イオンパワージェル サイエンスプラス

食べこぼしや皮脂汚れなど、様々な汚れに対応していて抗菌効果もあります。

 

3位:ミヨシ そよ風

純石鹸で出来ていて、蛍光剤も漂白剤も使用していないエコ洗剤です。

小さな子供の服の洗濯にも安心して使えますね!

 

皮脂・汗に強い洗剤おすすめランキング

1位:ライオン トップ ハイジア

酵素入りなのなので、たんぱく質・皮脂汚れに強い特徴があります。

抗菌作用でニオイ汚れにも効果があります。

 

2位:P&G アリエール サイエンスプラス7

界面活性剤を多く含む粉末洗剤なので、汗・皮脂汚れにも強く、除菌力も高くなっています。

 

3位:花王 アタック 高浸透バイオジェル

高い浸透力で汚れを落とすので、洗浄水の少ないドラム式にもおすすめです。

 

香りが良い洗剤おすすめランキング

1位:花王 ニュービーズ すずらんの香り

高い洗浄力と漂白剤による白さに、優しいすずらんの香りが加わった粉末洗剤です。

 

2位:ライオン 香りつづくトップ アロマプラス

汗皮脂などニオイの元となる汚れに強く、着るときまで良い香りが続く柔軟剤入りの液体洗剤です。

 

3位:P&G ボールド アクアピュアクリーンの香り

洗剤の酵素と、レノアの本格消臭成分配合の柔軟剤入りで、より高い消臭効果と良い香りが続きます。

 



スポンサーリンク

洗濯洗剤の使い方のポイント

洗剤の効果をより高めるためには、その正しい使い方にも気を付けましょう。

容量を守る

洗剤容器に表示されている、容量をきちんと守りましょう。

洗剤が少ないと十分に汚れが落ちませんし、多すぎるとすすぎ後も衣類に洗剤が残ってしまう可能性があります。

洗剤を入れるタイミング

洗剤を衣類に浸透させ、その効果を得るためには“注水中”がベストです。

全自動洗濯機の場合は、洗剤投入口に入れると自動で注水中に入るようになっています。

二層式洗濯機の場合は、水が溜まった後に入れるようにしましょう。

お湯で溶く

洗濯に30~40℃のお湯を使うと、衣類の繊維が緩み、洗剤がより浸透して汚れが落ちやすくなります。

お風呂の残り湯を使うと水道代の節約にもなるので、一石二鳥です。

 

 



スポンサーリンク

まとめ

洗濯洗剤には、様々な効果がありますね。

自分の衣類にどういう汚れが多いのかを考えて、いくつかの洗剤を常備しておけば、洗い直しや余洗いの手間なくスムーズに洗濯できそうですね。

  • 粉末洗剤は弱アルカリ性で、衣類に多い酸性の汚れに強く洗浄力が高い。
  • 液体洗剤は中性で界面活性剤が多く含まれているので、皮脂汚れに強い。
  • 洗剤選びのポイントは、衣類の汚れ具合、洗濯をするシーン、洗濯にかけられる時間で選ぶ。
  • がんこな汚れに強いのは「花王アタック 高浸透リセットパワー」
  • 皮脂汗汚れに強いのは「ライオン トップ ハイジア」
  • 香りが良い洗剤は「花王ニュービーズ すずらんの香り」

 



スポンサーリンク