洗い方

リュックの汚れの落とし方!ナイロンの場合は?汚れ防止方法も紹介



スポンサーリンク

私はリュックをよく愛用しているのですが、長い間使用していると気になってくるのが汚れ。

リュックの汚れの落とし方知ってますか?

できれば、リュックの汚れ防止の方法も知りたいですよね。

今回は、ナイロンリュックの汚れの落とし方や汚れを防止方法について紹介します!

どれも簡単に試すことができるので、ぜひ試してみてくださいね。



スポンサーリンク

ナイロンリュックの汚れの落とし方

まずは、リュックの汚れの落とし方を紹介していきましょう。

「洗濯機で汚れを落とす方法」と「手洗いで汚れを落とす方法」の2パターンに分けてまとめました。

洗濯機で汚れを落とす場合

準備するもの
  • リュックがすっぽり入る大きな洗濯ネット
  • スポンジ
  • 洗面器などの容器
  • 衣料用洗剤(中性洗剤)
  1. まず、リュックに付いている取り外すことができる部分(紐やファスナーなどの引手、装飾品など)を全て外します。紐やファスナーなどの引手、取り外すことのできた装飾品などをまとめて洗濯ネットに入れておきます。
  2. 次に、洗面器などの容器に水と衣料用洗剤を入れ軽く混ぜ、洗剤液を作ります。
  3. この洗剤液にスポンジを浸し、汚れが特に気になる場所を擦っておきます。さらに、この洗剤液に先ほど取り外した紐やファスナーなどの引手、装飾品を入れて洗っていきましょう。汚れていないように見えている場合でも、意外と水が汚れることが多いです。水が汚れたら洗剤液を作り替え、キレイに洗っていきます。
  4. リュック本体の洗濯は、リュックを裏返しにしてから、型崩れを防ぐためにも大きめの洗濯ネットに入れます。
  5. 洗濯機に衣料用洗剤(中性洗剤)とネットに入れたリュックを入れ、「手洗い」コースで洗っていきましょう。手洗いコースが無い場合は、なるべく優しく洗ってくれるコースを選ぶようにしてください。
  6. そして洗濯機での脱水はせずに、リュックを取り出します。脱水をしない理由は、リュックの型崩れを防ぐためです。
  7. 背面パットなどの水を吸い込みやすい部分は、タオルを被せてから手で水分を押し出していきましょう。
  8. 水気を切ったら、リュックを干します。リュックを干す際は、逆さの状態にしてから日陰で直射日光を避けるようにしてから干します。

レースや装飾品が多く取り外せないものが多い場合は、手洗いで洗濯することをおすすめします。

直射日光はリュックの繊維を傷めてしまうことがあるため、日陰で干すようにしてください。

このときに取り外したものも一緒に干していきます。

完全にリュックが乾燥したら、キレイなリュックに元通りです!

 

手洗いで汚れを落とす場合

準備するもの
  • 手荒れを防ぐためのゴム手袋
  • リュックが入る容器(お風呂の浴槽でもOK)
  • 小物が入る洗面器などの容器・衣料用洗剤(中性洗剤)
  1. 洗濯機で汚れを落とす場合と同様、取り外せるものは全て取り外しておきます。
  2. 取り外したものを洗面器などの容器に入れ、水と衣料用洗剤を入れます。
  3. しっかり洗剤液で洗っていきましょう。水が汚れた場合は、キレイな洗剤液に替えながら洗っていきます。
  4. 次にリュック本体を洗っていきます。容器に水を溜め、衣料用洗剤を入れて洗剤液を作ります。この中にリュックを入れ、しっかり押し洗いしていきましょう。このときも水が汚れたら、キレイな洗剤液に作り替えながら洗っていきます。汚れが落ちない部分は、スポンジで優しく擦ってあげましょう。
  5. 洗濯が終わったらタオルでリュックを包み、水を押し出していきます。
  6. 水気を切ったら、洗濯機での洗濯同様にリュックを干します。
リュックがしっかり乾いたら、キレイなリュックでまたお出かけすることができますよ!



スポンサーリンク

リュックの汚れの落とし方の注意点

洗濯機で洗う場合も手洗いで洗う場合も、共通した注意点があります。

まず、リュックの汚れを落とす際はリュックに付いている「洗濯表示のタグ」を確認する

これで水洗いができるかできないかを確認することができます。

基本的には、リュックの素材がポリエステル・ナイロン・布のいずれかの場合は水洗いが可能となっている場合が多いです。

合皮やビニールなどの素材を使って作られているリュックの場合は、自分で水洗いするのは難しくなります。

この場合は面倒には感じるかもしれませんが、クリーニング店にお願いするようにしましょう。



熱湯は使わないこと

リュックの繊維を傷め、長く愛用することができなくなってしまう原因となります。

漂白剤を使わないこと

色物を使っているリュックを使っている場合が多いと思いますが、より汚れを落としたいと思い、漂白剤を使うのは禁物ですよ。

注意点を守りながら、リュックを洗濯してみましょう!



スポンサーリンク

リュックの汚れの防止方法

リュックの洗濯方法やリュックの汚れの落とし方の注意点を紹介しましたが、面倒に感じてしまう人も多いでしょう。

実際に私も子どもが遠足で汚してしまったリュックを自宅で洗濯してみたのですが、時間がかかってしまい、こまめにすることはできないな…と感じました。

そこで日頃から、リュックの汚れを防いでおきましょう!

ここで登場するのが「防水スプレー」です。

リュックの素材に合わせた防水スプレーを用意し、リュックを使う日や使った後は防水スプレーを吹きかけるようにしましょう。

水汚れを防ぐことはもちろん、ほこりや汚れからリュックを守ってくれるようになります。

我が家でも子どものリュックはもちろん、私が愛用しているリュックにもこまめに吹きかけるようにしています。

それからは、リュックの汚れがあまり気にならなくなりましたのでおすすめです!

防水スプレーはネット通販やホームセンターで安価で手に入れることができますよ。



スポンサーリンク

まとめ

今回は、ナイロンリュックの汚れの落とし方や汚れを防止方法について紹介しました。

せっかくお気に入りのリュックです。

長く愛用するためにも、日頃のお手入れは欠かさないようにしていきたいですね。



スポンサーリンク