染み抜き

子供の帽子の汗染み・黄ばみの落とし方!重曹・オキシクリーンが活躍



スポンサーリンク

日差しの強くなると帽子が必要になりますね。

特に子供はよく汗をかくので、帽子に汗染みや黄ばみができてしまいます。

子供の帽子の汗染みや黄ばみは、重曹とオキシクリーンを使った落とし方でキレイにできます。

今回は、重曹とオキシクリーンを使った子供の帽子の汗じみ・黄ばみの落とし方と、汗じみ・黄ばみの予防方法をご紹介します。


子供の帽子の汗じみ・黄ばみの落とし方

子供の帽子についた汗じみを放っておくと、黄ばみの原因になります。

子供の帽子の汗じみ・黄ばみの落とし方をご紹介します。

必ず洗濯表示と素材を確認する!

帽子に付いているタグを見て、まず水洗いできる帽子かどうか確認して下さい。

素材によっては洗濯できない帽子、色落ちや型崩れをする帽子もあります。

キャップなどのツバは、紙で出来ている物もありますので、注意が必要です。

洗濯方法も素材によって違ってきますし、洗う前に必ず確認してください。

この時に、ピンなどで付いている飾りも取っておいてください。

 

帽子を洗う前に

最初に、帽子の表面についているホコリを取ってください。

ガムテープやエチケットブラシを使うと簡単です。

ただし、ニット帽などは毛糸が伸びたり毛羽立ったりしますので、丁寧に取り除いてくださいね。

 

帽子の洗い方

帽子は、洗濯機で洗うと型崩れをする場合が多いようです。

型崩れを防ぐには、手洗いが基本です。

(しかし、中には洗濯機可能な物もあります。こちらもタグを確認して下さい。)

洗える帽子は、以下の洗剤を使って汚れを落としましょう。

子供の帽子の黄ばみを重曹で落とす

重曹弱アルカリ性なので、酸性の皮脂汚れを中和させます。

汗じみや黄ばみの原因になる酸性の皮脂汚れを落とすのに大変効果があります。

  1. 汚れた部分に重曹を直接かける
  2. しっかりもみ込む
  3. よく水洗いをする

重曹で十分汚れは落ちますが、それでも落としきれない場合は、その後に酸素系漂白剤を使用します。

水に溶かして、つけ置きをします。

その後、よくすすいで乾かしてください。

色物の帽子は、色が抜けてしまう場合があります。

漂白剤を使用する前に、洗濯表示と、目立たない所での試し洗いをオススメします。

子供の帽子の黄ばみをオキシクリーンで落とす

オキシクリーン酸素系漂白剤です。

重曹同様に、こちらも弱アルカリ性です。

衣類などについた頑固な汚れやシミ、血液や醤油のしみまで落としてしまいます。

衣類以外にも、台所まわりや水まわり、食器・タイルなどにも使用できます。

だだし、ウール・シルクには使用できません。

汚れに直接つける場合

  1. 粉末のオキシクリーン3.5g(付属のスプーン1/8杯)を0.5リットルのお湯に溶かす
  2. その溶液を直接汗じみ・黄ばみにつける
  3. 5~10分放置する
  4. 柔らかい布で拭き取る
  5. 十分に乾かす

 

つけ置きする場合

  1. 粉末のオキシクリーン28g(付属のスプーン1杯)を4リットルのお湯に溶かす(汚れがひどい場合は、濃度の調節をしてください。スプーン3杯までが限度のようです。)
  2. その溶液に帽子を約10分つけ置きする
  3. 水でよく洗い流す
液体のオキシクリーンも販売されていますので、もっと手軽に落としたい方は液体もオススメします。

 

ちなみに我が家では、オキシクリーンをユニットバスの床掃除にも使用しています。

汚れやヌメリがよく落ちます!

Instagramなどでは「オキシ漬け」が流行っていますね。

浴槽に溜めたお湯にオキシクリーンを溶かし、洗面器や浴室のイスなどを浸けて汚れを取る方法です。

オキシクリーンは、金属やコーティングを施している物には使用出来ないというデメリットがあるため、もし、失敗してしまったら…と思ってしまい、床掃除のみ使用しています。

子供の帽子の黄ばみを固形石鹸・歯ブラシで落とす

  1. 水で濡らした固形石鹸を、汗じみや黄ばみに直接塗る
  2. 歯ブラシ(又はスポンジ)で優しく汚れをかき出す
  3. ぬるま湯につけてもみ洗いをする
揉み洗いをするのは水でも構いませんが、ぬるま湯を使うと石鹸が溶けやすくなります。

 

帽子に汗と一緒に、泥汚れがついてしまった場合は対処が違ってきます。

泥は濡れると生地の奥まで入り込んでしまいます。

しかし、泥が乾くとサラサラになります。

このサラサラした状態の時に、軽くはたくと、ほとんどの泥が落ちます。

帽子に汗以外に泥汚れもついている場合は、帽子を濡らす前に(又は乾かしてから)泥をはたいてから洗って下さい。

帽子の汗じみ・黄ばみの予防法

普段から帽子の汗じみ・黄ばみ予防をしていると、洗う時にとても助かります。

  • 帽子を使用したら水で濡らして固く絞ったタオルで軽く拭いて、日陰に干しよく乾燥させる。
  • 帽子についたほこりやゴミをこまめに取り除く。
  • 消臭・除菌スプレーを使用し、その後よく乾かす。
  • ケアスプレーを使用し、除菌消臭をする。その後しっかりと乾燥させる。
  • キャップライナー・インナーキャップを使用する。

除菌スプレー 赤ちゃん 安心 消臭スプレー 部屋 除菌消臭スプレー スーパーバイオ 天然スーパーバイオ210 500ml 衣類 靴 ペット トイレ ノロウィルス インフルエンザ 【送料無料】【あす楽】 

まとめ

今回は、重曹とオキシクリーンを使った子供の帽子の汗じみ・黄ばみの落とし方と、汗じみ・黄ばみの予防方法をご紹介しました。

汗じみ・黄ばみのついた帽子を、子供にかぶせたくはないですよね!

重曹やオキシクリーンを使用すると、子供の帽子の汗じみ・黄ばみを簡単に落とすことができます。

清潔な帽子をかぶって、元気いっぱい遊んでもらいたいですね。