Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
洗い方

【足袋の洗濯方法】汚れが気になる時の漂白方法は?洗濯機で洗える?



スポンサーリンク

着物を着る時に欠かせない足袋は、色が真っ白なため汚れがつくととても目立ちます。

足袋の洗濯方法は迷いますよね。

足袋は、自宅で漂白したり洗濯機で洗ったりすることができます。

今回は、足袋の洗濯機での洗濯方法や漂白方法、普段のお手入れや保管方法もご紹介します。



スポンサーリンク

足袋は洗濯で洗える?洗濯方法

足袋の汚れは、主に皮脂と泥汚れです。

足袋は洗濯機で洗える物がほとんどですが、麻などが入っている生地は縮む原因になります。

洗濯機で洗える物か必ずタグを確認してください

泥汚れはすぐに洗濯機で洗うと取れないことがある!

足袋に付いている泥汚れは普通に洗濯をしても落ちません。

泥汚れは、水で濡らすと繊維の奥へ奥へと入り込んでしまいます。

水で濡らさずに(すでに濡れている場合は乾かしてから)乾いた状態で、表面の泥汚れをはたき落とし、ある程度の泥汚れを落としてください。

洗濯機で洗う方法

洗濯機で洗う前に、上記のようにあらかじめある程度の汚れを落としておきます。

  1. 洗濯ネットに入れる
  2. 普通コースで洗う
  3. 形を整えて干し、よく乾かす
  1. 脱水した後は、すぐに洗濯機から出して干してください。干すまでに時間がかかるとシワになってしまう場合があります。
  2. 色の濃い物と一緒に洗濯をすると、色が移る場合があります。一緒に洗うのは避けましょう。

手洗い方法

こちらも、泥汚れは乾いている状態で、ある程度落としてください。

用意するもの
  • 洗濯用固形石鹸
  • ぬるま湯
  • 桶または洗面器
  • 歯ブラシ
  1. 桶にぬるま湯を入れる
  2. 足袋を浸ける
  3. 足袋の汚れている箇所に、固形石鹸を塗る(生地になじませるように)
  4. 歯ブラシで優しく汚れをかき出す
  5. 桶に新しいぬるま湯を入れ、もみ洗いをする
  6. タオルで水分を取る
  7. 形を整えて陰干しをし、よく乾かす
洗濯板があれば、もみ洗いをする時に便利ですよ。



スポンサーリンク

足袋の洗濯での漂白方法

足袋の黄ばみには漂白剤がおすすめです。

漂白剤

漂白剤を使用すると、足袋本来の白さに戻すことができます!

用意するもの
  • 粉末の酸素系漂白剤
  • ぬるま湯
  • 桶または洗面器
  1. あらかじめ、足袋についた土やホコリの汚れを取っておく
  2. 桶にぬるま湯を入れ、酸素系漂白剤を溶かす
  3. 足袋を入れ30~40分くらい浸けておく
  4. 桶の中の使用したぬるま湯を捨て、新しく水を入れる
  5. よくすすぐ
  6. 上記の[手洗い方法]か[洗濯機で洗う方法]で洗う。

 

ブルースティック

 

この投稿をInstagramで見る

 

shokoさん(@shoko_wa)がシェアした投稿

SNSなどで話題の「ブルースティック」という商品があります。

ブルースティックは、部分洗い用の固形石鹸です。

泥汚れにも強く、除菌もできるのが最大の特徴です。

  • 使用用途:泥汚れ、頑固な汚れ、襟や袖の黄ばみ、上履き・運動靴の汚れ落とし
  • 液性:弱アルカリ性
  • 用途:綿・麻・合成繊維用
  • 効果:泥汚れを落とす、除菌もできる

よく比較されるものに、ウタマロ石鹸(固形)があります。

こちらも弱アルカリ性で、泥汚れに大変効果を発揮します。

ブルースティックの方が、スティック状(棒状)で持ちやすく、ウタマロより硬いので生地に塗り込みやすいです。

しかし、ブルースティックの方が値段は高くなります。



スポンサーリンク

足袋の日頃のお手入れ・保管方法

きれいに洗濯した足袋の保管方法や、できるだけ大切に使いたい足袋のお手入れ方法をご紹介します。

足袋を履いたら、その日のうちに洗って汚れを落とす

汚れは、日が経つごとに生地の奥へ奥へと入り込んでしまいます。

汚れが取れなくなる前に、その日のうちに取ってしまいましょう。

足袋カバーを履く

足袋の上から履く、“足袋カバー”というものがあります。

外を歩く時に履き、家や室内に入る時に脱げば、キレイな足袋で上がる事ができます。

撥水加工の足袋カバーもあるので、雨の日などには特に便利な商品です

アイロンをかける

足袋を洗った後に軽く脱水をし、すぐにアイロンをかけます。

そうすると、シワも伸ばせて、足袋をパリッとさせることができます

アイロンをかける場合も、先にタグを確認してくださいね。

クリーニングに出す場合

クリーニング店に出した足袋は、ビニール袋に入って返ってきます。

ビニールは通気性が悪いので、そのまま保管してしまうとカビや黄ばみの原因になります。

ビニール袋から取り出し、通気性の良い所で保管をしましょう。



スポンサーリンク

まとめ

着物を着た時の足袋が真っ白だと、着物の鮮やかさが更に引き立ちます。

足袋を着物と一緒にクリーニングに出すこともできますが、ご紹介したような簡単な方法なら、ご自宅でも洗うことができます。

晴れの日は、真っ白な足袋を履いてお出掛けください。



スポンサーリンク