掃除

コーヒーメーカーの掃除は重曹で!カビ取り・臭いの取り方とお手入れ法



スポンサーリンク

手軽にコーヒーが飲めるコーヒーメーカーは便利ですよね。

でも、コーヒーメーカーは掃除をしないと、カビ臭いが臭いがついてしまいます。

カビ臭い状態では、コーヒーが美味しくありません。

コーヒーメーカーの掃除やカビ取りには、重曹を使うのがおすすめです。

今回は、重曹を使うカビ取り方法とお手入れ方法をご紹介していきます!

コーヒーメーカーの掃除!重曹を使った掃除方法 

キッチン周りのお掃除に大活躍する重曹は、コーヒーメーカーのお手入れにもぴったりのアイテムです。

重曹を使ったコーヒーメーカーの掃除方法
  1. まず、水500mLに対して、重曹大さじ2を溶かした水をコーヒーメーカーに入れて沸かします。
  2. 次は、普通のお水をコーヒーメーカーに入れて沸かします。
  3. この方法でコーヒーメーカーの中の汚れを落とすことが出来ます!
  4. 次は、コーヒードリッパーのお掃除です。
  5. コーヒードリッパーの内側を水で濡らして、その上に重曹を粉のままふりかけていきます。
  6. このまましばらく放置して汚れを浮かせたら、いらない歯ブラシで溝までしっかり洗います。
  7. 洗い終わったら、水でしっかり流して完了です。

重曹は、口に入っても大丈夫なので、洗剤を使いたくない時や洗剤を使えない場所のお掃除にぴったりですね。

コーヒーメーカー以外にもキッチン周りのお掃除で活躍してくれますし、ドラッグストアや100円均一で簡単に手に入りますよ!

コーヒーメーカーのカビ取り・臭いの取り方 

コーヒーメーカーのパッキンや隙間にはどうしても汚れが溜まってしまって、カビが繁殖したり細菌が発生して臭いの原因になってしまいます。

コーヒーは口にはいるものなので、清潔なコーヒーを飲みたいですよね。

先程ご紹介した、重曹を使った方法でもカビや臭いを取ることができますが、それでも取れないしつこいカビや臭いをとるにはお酢を使用します。

お酢?!っとビックリされるかもしれませんが、お酢に含まれるクエン酸には殺菌効果があるので、カビ汚れや細菌による臭いのお掃除にお酢を使うのはとても効果的な方法なのです!

酢でコーヒーメーカーのカビ臭いを取り方
  1. コーヒーメーカーに400mlの水に対して100mlのお酢を入れて、先程と同様に沸かしていきます。
  2. お湯の色が透明になるまで、何度かこの手順を繰り返してください。
  3. お湯が透明になったら、普通のお水を沸かしてからコーヒーメーカーを水洗いしましょう。

お酢だと臭いが着くのが気になる場合には、お酢ではなくてクエン酸でも代用可能ですよ。

クエン酸を使う場合は、500mlに対して大さじ1〜2くらいの量を水に溶かして使用してくださいね。

コーヒーメーカーの日頃のお手入れ方法

コーヒーメーカーの日頃お手入れは、基本的に水洗いで大丈夫です。

コーヒーメーカーにより、取り外せるパーツと水洗いしても大丈夫なパーツが変わってくるので、説明書を見て水洗いできるパーツを確認しておきましょう。

コーヒー豆やコーヒーの粉をしっかり洗い流して、ポットに残ったコーヒーもしっかり洗い流して置いてくださいね。

洗剤を使った方が綺麗になると思うところですが、洗剤を使ってしまうと洗剤の匂いが残ってしまって、コーヒーの風味が落ちてしまう場合があります。

余ほど気になる時以外は、水洗いで止めておきましょう。

 

コーヒーメーカーの日頃のお手入れで、1番大切なのが乾燥です。

どれだけしっかり洗っていても、乾燥が不十分だとカビや臭いが発生しやすくなってしまいます。

コーヒーメーカーを洗った後は、水気を切って乾いた布巾等で残った水分をしっかり拭き取ってから、片付けるように気をつけてください。

まとめ

今回は、コーヒーメーカーの重曹を使ったカビや臭いの取り方や掃除方法、日頃のお手入れ方法をご紹介しました。

コーヒーメーカーは手軽に美味しいコーヒーを飲むことが出来て、とっても便利なアイテムですが、どうしてもカビや臭いが発生しやすくなってしまいます。

ご紹介したお掃除方法をぜひ試して、コーヒーメーカーで美味しいコーヒーを淹れてくださいね!