Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
干し方

部屋干しで扇風機の当て方!洗濯物を早く乾かす秘訣は首振りだった!



スポンサーリンク

部屋干しの際、扇風機の当て方次第で洗濯物を早く乾かすことができるって知っていますか?

扇風機を使うことで、なんと通常の3倍も洗濯物を早く乾かすことができるんです!

扇風機の当て方次第で、部屋干しの洗濯物を早く乾かす方法をこれから紹介したいと思います♪

今日これから着る予定だった服がまだ乾いてないのに、外は雨が降っている…。

そんなときも、諦めるのはまだ早いですよ!

ぜひ、参考にしてくださいね!



スポンサーリンク

部屋干しで扇風機の使い方!当て方・風の強さ・首振り

当て方

扇風機を使って洗濯物を乾かすには、まず当て方が重要です!

洗濯物から1mほど離して、洗濯物の真横からそして洗濯物の下半分風が当たるようにしましょう。

風の強さ

風の強さは『弱』設定で十分!

あまり強すぎると洗濯物が飛んでしまうかもしれないので注意しましょう。

首振り

しっかりと風を洗濯物全体に当てるために首振りに設定しておくことを忘れずにしましょう!

首振りにせず同じところばかりに風が当たっていると、洗濯物の乾く速さも半減してしまいます。

忘れがちですが、首振りはとても重要です!



スポンサーリンク

部屋干しで扇風機の効果が増す干し方や干す場所は?

部屋干しで扇風機を使う際、風の当て方や風の強さ、首振り、それ以外にも効果的に洗濯物を乾かすのに重要なことがあります。

それは、洗濯物の干し方や場所を工夫することです!

いくつか紹介するので、これも洗濯物を乾かす際にはぜひ実践してみてください♪

  1. 生地の薄いものと厚いものを交互に、できれば洗濯物が端が長いもの真ん中が短いものになるようにアーチ形にかけると風通しが良くなって乾くのが早くなります!
  2. バスタオルなどの大きな洗濯物はハンガーにかけて干す場合、左右の長さを均等にしないでずらして干した方が空気に触れる面が増えて早く乾きます!
  3. ボトムスやスカートなどは筒状になるように洗濯バサミで止めて干すと乾きが良くなります!
  4. 厚手の服はハンガーを2本遣いして、二本を少し離して干すと服の間に空間が出来て早く乾きます!
  5. エアコンがついている場合は、洗濯物に対してエアコンと扇風機の風がそれぞれ別の方向から当たるようにしましょう! エアコンと扇風機のコンボでさらに洗濯物を早く乾かすことができます!
  6. リビングで干す場合、洗濯物は湿気がこもりやすい部屋の隅や壁際、それから窓際などは避けてできるだけ風通しの良い場所に干すように心がけましょう!
  7. 室内干しでおすすめの場所は換気設備がついた『洗面所』や『お風呂場』です!リビングだと見た目も気になる。それに狭いスペースの方が突っ張り棒が設置しやすく、湿度も下げやすいです!   浴室乾燥機がある場合はさらに早く乾かせます!



スポンサーリンク

部屋干しにおすすめのアイテム!

部屋干しをする際は干し方だけでなく、洗濯するときに部屋干し用の洗剤を使うのをお勧めします。

洗濯するときにしっかり除菌しておくことで、菌の繁殖を抑えて嫌な臭いを防ぐことができます!

おすすめの部屋干し用洗剤は『ライオン 部屋干しトップ 除菌EX』です。

こちらの商品は、なんと汚れや菌だけでなくウイルスまで落としてくれるんです!

ダブル分解酵素や消臭成分配合で、嫌な臭いも強力防臭してくれます。

また、香りもシトラスフルーティーの香りでさわやかなので、強い香りは苦手という方にもおすすめですよ。

 

そして先ほどボトムスやスカートは筒状にして干すことをおすすめしましたが、ボトムを筒状に干せるのズボンハンガーなるものも販売されているのでぜひ使ってみて欲しいですね。

特にジーンズなどは重くて乾きにくいので、ズボンハンガーを使うことでとても乾きやすくなりしっかり乾かすことができますよ!



スポンサーリンク

まとめ

今回は扇風機を使って洗濯物を効率良く乾かす方法を紹介しました。

部屋干しをするにあたって、一番気になるのは菌の繫殖や臭いの発生です。

今回紹介した方法で洗濯物を早く乾かすことが出来れば、気になる臭いや菌の繁殖も最低限に減らすことができそうですね。

そして扇風機を使うことで、洗濯乾燥機を使うよりも電気代をかなり節約できるのもうれしいポイントです♪

 

一番はやはり外で乾かすのが理想ですが、どうしても部屋干ししなければいけない時はありますよね。

そんな時はぜひ、ご紹介した方法を実践して効果を実感してみてください♪



スポンサーリンク