Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
干し方

【洗濯物が乾く条件】何度で乾く?乾く時間は?早く乾かす工夫を紹介



スポンサーリンク

天気の悪い日や梅雨の季節は洗濯物が乾かず困りますよね。

天気が悪いからと言って、洗濯しないわけにもいきません。

そこで、洗濯物が早く乾く条件には、そもそもどんな条件があるのか、洗濯物は何度で乾くのかについてまとめました。

洗濯物が何度で乾くのかなど、早く乾く条件を知っておけば、天気が悪くても安心して洗濯ができますね!

 



スポンサーリンク

洗物が乾く条件は?

洗濯物が乾く条件にはどんなものがあるのでしょうか?

干す時間

日照時間(日の出から日没までに日光が直接地面を照らした時間)の長い夏場なら、外干しで3時間位で乾きます。

しかし、日照時間の短い冬場は5~6時間程度かかり、気温の低い日は半日干しても乾かないこともあります。

外に干すなら、午前9時~午後3時がよく乾く時間帯になりますが、そもそも雨の日は外に干すことが出来ません。

室内干しだと、何時間もかかってしまいます。

 

日差し

晴れた日の夏の日差しはとても強く、外で立っているだけでも喉が渇き、どんどん水分が奪われている感じがします。

洗濯物も同じように水分をどんどん蒸発させ、カラカラに乾かしてしまいます。

これは、布の表面が乾くと、その奥の水分が外に出てきます。

「表面の水分→蒸発→中の水分が表面に出る→蒸発」を繰り返し、夏はこの作業が早いためカラカラに乾くのです。

冬場は、夏のような日差しはなかなか期待できませんが、晴れた日に長い時間干すことで解消できます。

部屋干しでは、日差しは期待できないため、後でも詳しく説明しますが、他の方法で乾かしていくことになります。

 

温度

温度が低い冬場より、温度が高い夏場がもちろん洗濯物は乾きやすいです。

しかし、何度で乾くのかと乾く条件は温度だけでななく、次に挙げる湿度が大きくかかわります。

 

湿度

外干しでも湿度が高いと乾きにくくなります。

夏でも曇った日に外干しても乾きにくいのはこのためです。

反対に気温が高く湿度が低ければ洗濯物はよく乾きます。

冬に室内でエアコンなどの暖房器具をつけ濡れたタオルを干すと、いつの間にかカラカラに乾いている時があります。

それは、湿度が低く乾燥しているため、水分が蒸発しカラカラに乾きます。

梅雨時期は、中に干しても湿度が高いため乾きにくくなります。

ちなみに、冬の夜にエアコンをつけたまま寝る方は、寝室内に濡れたタオルを干しておくと喉の乾燥を防ぐことができますよ。

 

日差しがそれほど強くなくても、風が通る所であれば洗濯物はよく乾きます。

それは、風通しがよくなり空気を循環させるためです。

扇風機やサーキュレーターを使い風をおくることで、雨の日や梅雨の時期に効率的に洗濯物を乾かすことができます。

 



スポンサーリンク

洗濯物が早く乾く工夫は?干し方やグッズを紹介

それでは、洗濯物が早く乾くにはどんな工夫をすればよいでしょうか?

洗濯物が早く乾くための干し方やグッズをご紹介します。

電気器具を使って乾かす

エアコン・電気ヒーター・扇風機・サーキュレーター・除湿器・浴室乾燥機など、電気器具を使って洗濯物を乾かします。

 

アイロンをかける

高温で洗濯物の中にある水分を蒸発させる方法です。

部屋干しなどでゆっくり乾かす時におこる生乾きの臭いが消えます。

高温で菌も殺してしまうので、洗濯物が乾いて殺菌も期待できます。

 

コインランドリーの乾燥機を使用する

こちらも高温で乾燥さるため、よく乾きます。

また、濡れた洗濯物と一緒に乾いたバスタオルを1枚入れて回してみてください。

乾いたバスタオルが水分を吸って早く乾きますよ!

 

ジーンズ用ハンガー

ホームセンターなどで売っているジーンズ用のハンガーは、ジーンズを筒状にして干すので風が通りやすくなり、乾きにくいジーンズを干すのに便利ですよ。

または、ピンチハンガーに干すのもいいですね。

 

ちなみに、私は夜に洗濯をして浴室に干し、次の日の朝に外に干しています。

24時間換気をしないといけない建物なので、それを利用して浴室に付いてある洗濯竿に夜中干したままにしています。

天井に近い部分は朝には結構乾いています(下の方は全くですが)。

時間があれば、タオルなどは上下反対に干し直し、外に干しています。

朝洗濯をしてから外に干すより、ずいぶん早く乾きますよ。

 



スポンサーリンク

まとめ

洗濯物を早く乾かすためには、干す時間帯・日差し・湿度・風が、とても重要になります。

洗濯物が早く乾く日の条件としては、

  • 午前9時~午後3時
  • 晴天
  • 湿度が低い
  • 風がある

が、あげられます。

たとえ天気の悪い日や梅雨の時期でも、電気器具やグッズをフルに活用して、洗濯物を早く乾かすことが出来ます。

洗濯物が早く乾く条件を頭に置きながら干し方を工夫したり、電気器具やグッズをフル活用することで、なかなか乾かない洗濯物に困らず、もっと快適な毎日が過ごせるでしょう。

 



スポンサーリンク