Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
掃除

車のシートはセスキでキレイに!汗染み取りや臭い取りの方法も紹介



スポンサーリンク

車のシートは、食べこぼしや汗染みでけっこう汚れています。

車のシートの汚れや臭い取りは、セスキ炭酸ソーダでキレイに落とせます!

今回は、セスキ炭酸ソーダ使った車のシートの汗染みや臭い取りの方法をご紹介します。



スポンサーリンク

車のシートは結構汚れている

車の中、特にシートは結構汚れています。

体から出る汗、髪の毛、お菓子やジュースを飲んだ時の食べこぼし、ペットの毛、チリ・ホコリ、タバコの灰・ヤニなど、数えたらキリがありません。

もし、汗や食べこぼしなどをそのまま放置していると、ダニやカビなどのエサや栄養になり、どんどん繁殖します。

また、車を降りる時や離れる場合は、窓を閉め施錠をしますよね。

車は密室状態になり、風通しが悪くなります。

暑い日だと車の中は蒸し風呂状態です。

雨の日や寒い日でも風の通らない密室では、菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

想像するだけで、とても不快になりますよね。



スポンサーリンク

車のシートをセスキで掃除する方法

車のシートの汚れは、日が経つごとに奥に入り込んでいくので、汚れに気付いたらすぐに拭き取ることが大切です。

車のシートの掃除には、セスキがおすすめです!

まずは、セスキ炭酸ソーダでセスキスプレーを作ります。

用意するもの
  • セスキ炭酸ソーダ(小さじ1)
  • 水500ml
  • スプレー容器
  • ゴム手袋
  1. ゴム手袋を着用する(手あれ予防)
  2. スプレー容器にセスキと水を入れる
  3. よくふる
  4. 完成

とっても簡単ですね!

このセスキスプレーを使って、車のシートを掃除する方法を見ていきましょう。

用意するもの
  • セスキスプレー
  • 柔らかい布
  • ゴム手袋
  1. 掃除機で表面の細かなゴミ・ホコリを取り除く(ハンディの掃除機やコロコロなどを使用すると便利です)
  2. ゴム手袋を着用(手あれ予防)
  3. 柔らかい布にセスキスプレーを吹きかける
  4. シートを拭く
  5. 汚れが取れたか確認をして、よく乾燥させる

セスキスプレーを直接シートにスプレーする方法もありますが、たくさんかけ過ぎるとシートの奥までしみ込んでしまった場合に乾かすのが大変です。

湿気が残るとカビなどの原因にもなるため、柔らかい布にスプレーをして汚れを拭き取るようにしてください。

セスキスプレーは、車のシートの他にハンドルやダッシュボードの汚れにも使用できます。

本革には使用できない!

セスキスプレーを本革のシートに使用するとシミになる場合があります。

本革には、専用のスプレーなどをご使用ください。

セスキ炭酸ソーダとは

セスキとは、セスキ炭酸ソーダの略で、液性は弱アルカリ性、特に油汚れに効果を発揮し、手あかやたばこのヤニ汚れも落とします

セスキと重曹の違い

油汚れのお掃除によく使われるもので「重曹(炭酸水素ナトリウム)」があります。

こちらもセスキと同じ弱アルカリ性です。

セスキ炭酸ソーダ 重曹
pH 9.8 8.4
液性 弱アルカリ性 弱アルカリ性
特徴 水に溶けやすい 水に溶けにくい
価格 重曹より少し高め 安価
注意点 手荒れに注意

セスキと重曹の違いは、㏗(ピーエイチ)の違いです。

㏗とは、水溶液中の水素イオン濃度を表す指数のことです。

中性の指数が7で、それより大きければアルカリ性、小さければ酸性です。

上記の表を見ると、セスキも重曹も弱アルカリ性ですが、セスキの㏗の方の数値が大きいので、重曹よりアルカリ性が高くなります。

セスキは水に溶けやすいので、スプレーボトルに水と一緒に入れると簡単にセスキスプレーができます

重曹は水に溶けにくいので、ペースト状での使用に向いています

セスキの価格は重曹より少し高めになりますが、最近では100円ショップにも置かれているので、そちらを利用すると安く手に入ります。

セスキの汚れを落とす力は、重曹の10倍と言われています。

肌への負担も大きくなるため、使用する際はゴム手袋などを着用して手を保護してください。



スポンサーリンク

車のシートの汗染みの取り方

車のシートの汗染みも先ほどのセスキスプレーで落とすことができます。

  1. 柔らかい布にセスキ水を含ませる
  2. シートの汗染みの箇所をトントンとたたいて汚れを浮かせる
  3. 柔らかい布で汚れを拭き取る
  4. 汚れが取れたか確認をして、よく乾燥させる

業者に、車のシートの掃除や汗染み取りなどのクリーニングを頼むと、1シート3,000~5,000円くらいかかる場合があります。

もちろん、徹底的にクリーニングをしてもらえるので、とても清潔なシートになります。

しかし、例えば、自分やお子さんがお菓子やジュースをこぼしてしまったり、夏場は汗をかいた状態で車に乗り込む場合もあります。

その度に業者に依頼していたら、家計は赤字になってしまいますよね。

セスキスプレーは、簡単に安価にできるので、掃除する上でとても強い味方ですよ!



スポンサーリンク

車のシートの臭い取り方法

車のイヤな臭いは、シートからしている場合もあります。

セスキスプレーは、消臭にも使えます!

  1. ゴム手袋を着用する(手あれ予防)
  2. シートにセスキスプレーをシュシュと吹きかける
  3. シートをよく乾燥させる

セスキスプレーの保存期間は、だいたい1~2週間くらいです。

季節や保存状態にもよると思いますが、特に暑い時期に車の中に置きっぱなしというのは良くありません。

セスキスプレーは、掃除する度に車内に持ち込む方が良いですよ。



スポンサーリンク

まとめ

車のシートの汚れは、気付いたらすぐに拭き取ることが大切です。

セスキスプレーは、簡単にそして安価に作れるので、ぜひ試してみてください。

快適なドライブをするためにも、清潔な車内を維持することを心掛けたいですね。



スポンサーリンク