掃除

赤ちゃんに安心!床掃除は重曹で!洗剤を使わず除菌もできる方法



スポンサーリンク

赤ちゃんがいると部屋の汚れが気になります。

特に、床の汚れは目につきます。

床のゴミを赤ちゃんが口にしたら大変です。

できれば強い洗剤は使わず、重曹などナチュラルな素材で床掃除・除菌をしたいものです。

今回は、重曹で床掃除や除菌する方法、赤ちゃんにも優しい洗剤をご紹介します。



スポンサーリンク

重曹を使った床掃除の仕方

まだまだ免疫の備わっていない赤ちゃんのいる床掃除には、できるだけ強い性質を持つ洗剤や化学物質は使いたくありません。

身近にあるナチュラルなお掃除アイテムでお掃除できるなら安心・安全ですよね。

昔から湿った茶殻で玄関や畳を掃除したり(湿っているので細かいほこりを舞い上がらせずキャッチ)、薄黒くなったじゅうたんの白さを取り戻したい時は小麦粉を使ったり、米のとぎ汁は床や柱のワックスとしても活用されてきました。

ハイテクな家電や洗剤などがなかった時代では、限られた物で手際よく掃除する知恵があったのですね。

床掃除にも、そんな昔ながらの重曹(ふくらし粉)を使用することができます。

フローリングのベタベタ気になりませんか?

足裏の皮脂や食べこぼしなどの油汚れが蓄積されてベタベタに変化していきます。

重曹は、アルカリ性の性質を持っていて酸性の油汚れを中和して落とす働きがあります。

そのため、重曹は水に溶かして洗剤の代わりに使うことができます。

ただし、重曹は水に溶けにくいのでフローロングを拭いていくと白っぽさが残る場合があります。

それを防ぐために一緒にクエン酸を使います。

  1. まず、水250mlに重曹を小さじ1杯ほどよく混ぜます。
  2. 同じように250mlの水にクエン酸を小さじ1杯入れよく混ぜます。
  3. 重曹水を含ませた布を固く絞り、汚れやベタベタが気になる個所を丁寧に拭きます。
  4. その後、クエン酸水を含ませた布を固く絞り重曹で拭いた場所を拭けば完了です。

重曹の濃度を高くしてしまうと拭き残しが出たり、フローリングのワックスを剥がしてしまう場合もあります。

濃度を高くした方が効果を感じられそうですがお掃除に合った濃度で使用しましょうね。

床の材質の確認を忘れないでください。

無垢材や生木といった材質には重曹は使えません。

黒ずみの原因になりますから注意してくださいね。



スポンサーリンク

赤ちゃんに優しい除菌できる方法

最近では、除菌のための衛生商品は数多く出ています。

除菌や消毒、殺菌などパッケージに表示されていますが、何を基準にどう選べばよいか迷ってしまいますよね。

そして、赤ちゃんがいる場合はその商品を使っても安全か判断しにくいものです。

そこで、赤ちゃんがいる空間の除菌におすすめなのがスチームクリーナーです。

スチームクリーナーは、高温の蒸気でしっかりと除菌をしてくれます。

水拭きではなかなか落ちなかった油汚れなども、ホコリや菌を舞い上げることなくスッキリと落としてくれます。

そして、何より水しか使わないので排気も無く、安心・安全といえます。

また、モーターの音が無いので赤ちゃんのお昼寝タイムにお掃除をすることができる優れものです。

スチームクリーナーは、フローリングだけでなく浴室のカビや洗面所周りのカルキの汚れ、キチンの油汚れ、チャイルドシート、ソファーなどあらゆる場所をスチームできれいにしてくれます。

ハウスダストやアレルギー対策としてもおすすめのアイテムですよ。

【2年保証】ハイブリッド スチームクリーナー 本体セット 人気 次世代型スチームモップ ハンディ スタンド【スチーム掃除機】【送料無料】ウルトラスチーム 



スポンサーリンク

赤ちゃんに優しいおすすめの洗剤は?

ハイハイする赤ちゃんがいる場合は、特に無添加の物を使用したいものです。

スリーエム ジャパン スコッチ・ブライト 無添加ウェットシート _

「無添加ウエットシート」はノンアルコール、ノンパラベンでお肌に優しいウエットシートでおすすめです。

フローリング用に販売されています。

ゴミを吸着する薬剤も使われていないので安心ですね。

 

オーブテック スペースショット 万能環境クリーナー 500ML ガンスプレー付

また、「スペースショットオーブテック」も赤ちゃんがいるご家庭にはおすすめです。

この洗剤は、プロの業者の方も使用している植物性のクリーナーです。

肌に優しい天然の素材を使っているので安心ですね。

また、石油系界面活性剤も使用していません。

安全テスト・腐食テスト・環境テストといった最も厳しいと言われる米国のアナコン研究所承認の洗剤です。

環境に優しいところもポイントですね。



スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんが誕生すると、目に見える物だけでなく、目に見えない菌やウイルス、小さな汚れも気になりますよね。

赤ちゃんが安心して快適にお部屋で過ごすことができるように清潔にしておいてあげたいものです。

特に床は、赤ちゃんの活動範囲に一番近いところです。

赤ちゃんにとってできるだけ安全な方法で床掃除をしたいですよね。

そうすることで、家族みんなが安心して暮らせる環境になりますよ。



スポンサーリンク