Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
掃除

玄関の砂対策!掃除機で掃除してもいい?玄関の掃除の仕方



スポンサーリンク

玄関は、家に入るときに一番に目にする場所です。

そんな大切な玄関が、砂で汚れていたらガッカリしますよね。

この砂ですが、なかなか完全にはきれいになりません。

玄関が砂で汚れない良い対策ないか、掃除機で吸っても壊れないかなど疑問に思います。

今回は、玄関の砂対策と掃除機で掃除していいのか、玄関の掃除方法をご紹介します。

玄関が、スッキリしていたら「今日も頑張ろう」という気持ちにもなれるし、お客様の気持ちもよいものです。



スポンサーリンク

玄関を砂まみれにしない対策

玄関は家族が一日に何度も出入りをする外との境界線です。

そのため、汚れやほこりを家に持ち込みやすい場所でもあります。

風の強い日は要注意です。

玄関の対面にある家の窓を開けっぱなしにしていると、玄関を開けるたびに廊下の砂やほこりが家に入り込んできます。

廊下からの風が強い日は、窓を開けっぱなしにしないようにしましょうね。

 

玄関前の廊下も定期的にお掃除するようにしましょう。

家の中は汚れが目につくから掃除しますが、外の汚れは見落としがちです。

廊下のほこりをそのままの状態にしていると、玄関を開閉するたびに砂が入り込んでザラザラの玄関になってしまいます。

玄関の砂が気になったら廊下も確認してください。

 

水洗いできる玄関マット 幅70×奥行50cm 1枚 ナチュラルデザイン ウェルカムマット【あす楽対応】 

玄関の外に玄関マットを置いておくことも効果があります。

玄関マットで靴底を擦るように入るだけでも全然違ってきます。

雨の日や芝を踏んで帰ってきた靴も要注意ですよ。

靴の裏には泥や草がびっしりです。

玄関マットがあれば外である程度は落とすことができますね。

 

ぬれた砂や土汚れをそのままにしていると固まって取れにくくなってしまいます。

また、もともと玄関に溜まっていたほこりも湿気を帯びると床に張り付きます。

雨の日対策として我が家では、子どもが帰ってくる前に玄関に新聞紙を敷くようにしています(見た目はさておき)。

新聞紙の上でぬれた靴下を脱げるし、ぬれた靴で玄関が汚れることもないので後の掃除はぐっと楽になりますよ。



スポンサーリンク

玄関の砂は掃除機で掃除していい?

では、玄関は掃除機をかけてもよいのでしょうか?

個人的には少し躊躇してしまいます。

でも、お部屋掃除のついでに掃除機をかけて玄関の細かいごみを掃除できたら確かに楽ですよね。

結論からいうと、条件がいくつかありますが、玄関に掃除機をかけることはできます

まず、玄関が湿った状態ではないこと。

湿った状態で掃除機をかけてしまうと、湿気を帯びた砂やほこりが掃除機の内部にこびりついて故障の原因になったりします。

また、手で取れる大きさのごみはあらかじめ取っておきましょう

何のごみか分からずに掃除機で吸うと故障につながります。

きちんと目で確認してくださいね。

床のタイルの目にこびりついている泥や砂の汚れは、あらかじめブラシなどこすって掃き出しておくと掃除機が細かいごみまで吸ってくれます。

 

それでも、掃除機で直に玄関掃除をすることには抵抗が残ります。

ご心配なく、玄関専用のヘッドというものが売られています!!

靴に付いた不衛生な物を掃除機で直に掃除すると、部屋の中にも悪影響ですよね。

専用ヘッドには使い捨ての物もあります。

これなら安心して使えそうです。

専用のヘッドの使い方は簡単で、従来のヘッドを外して付け替えるだけです。

使い捨てであれば、掃除の後は外して捨てるだけです。

便利ですね。

 

12点セット 雑誌掲載 ハンディクリーナー コードレス 車 掃除機 ハンディ コードレス サイクロン 軽量 コードレス掃除機 サイクロン 小型掃除機 ハンドクリーナー ペット 猫砂 ハンディ掃除機 車 コードレスクリーナー カークリーナー 車用掃除機 充電式掃除機 ポイント消化 

もしくは、長い目で見るなら玄関専用のハンディークリーナーを準備しておくのも手です。

へッドの交換という煩わしさはありませんね。



スポンサーリンク

玄関の掃除方法

最後に、玄関掃除の手順や注意点などをお伝えします。

玄関掃除をするのはお天気の良い日を選びましょう。

 

まずは、玄関の外を掃いてきれいにしておきます。

玄関に置いてある物や靴は移動させておきます。

そして、ほうきや乾いた雑巾で玄関に溜まった砂やほこりを掃き出していきましょう。

タイルの目に詰まっている砂や泥汚れはブラシなどで擦って出します。

掃き出しきれなかった細かいごみが気になるときは掃除機の出番です。

ヘッドを付け替えて吸い込んでしまいましょう。

細かい汚れもスッキリなくなるはずです。

 

もし、床のタイルなどに付着した泥汚れなどが気になる場合には、少量の水を雑巾につけて拭いてみてください。

大理石などはしみやキズが入ってしまう可能性があるのであまり力を入れ過ぎないように気を付けて。

百均などで売っているメラミンスポンジなら力を加えずに汚れを落とせます。

床のしみが落ちない場合に使用してみてください。

 

細かい汚れも吸い取って、しみも消えたら最後に固く絞った雑巾でふきあげます。

水分が残った状態ですので、お掃除の後は玄関を開けて乾燥させましょう。

しっかり乾かすことがポイントです。

 

もし、本格的にもっと掃除をしたいなら靴箱の中も見てみてください。

長年の砂汚れが結構溜まっているはずです。

その際は、玄関を掃除する前に靴箱から掃除しましょうね。

靴箱を掃除すると気になっていた臭いも緩和されてスッキリしますよ。



スポンサーリンク

まとめ

玄関は、日頃からこまめに掃除しておくとキレイな状態を保つことができます。

我が家では、玄関の端っこに小さな塵取りとほうき、不要になった布を入れたカゴを常備していて、誰でも気づいた人が掃除できるようにしています。

気が付いたらすぐに掃除できるように用意しておくこともキレイを保つポイントですね。

玄関には余計な物を置かないことも大切です。

出しておく靴は一人一足まで。掃除もしやすいし見た目もスッキリした玄関になりますよ。

 



スポンサーリンク