Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
染み抜き

喪服のカビは洗濯で取れる?失敗を避ける応急処置とカビの予防方法



スポンサーリンク

出番がない方がいい喪服ですが、いざ着る時に出してみるとガビがはえていた!という経験ありませんか?

クリーニングに出す時間はない時、失敗せずに濯してカビはとれるのでしょうか?

今回は、喪服についたカビを落とす応急処置、失敗せずに自宅で洗濯する方法、カビが生える原因と予防方法をご紹介します。

応急処置でカビを取れる方法や、カビが予防方法が知っていれば、いざという時安心です。



スポンサーリンク

喪服のカビを取る応急処置は?

急に着ることになった喪服をクローゼットから出すと喪服にカビが…。

そんな時、クリーニングに出す時間があればなんとかなりますが、もう明日には着ないといけないのにクリーニングに出していたら間に合わない!

そんなときに、家庭でできるカビをとる応急処置を知っていれば万が一の時慌てなくてすむはずです!

ご家庭でカビを落とす時、まず注意したほうがいいことは喪服が何の素材でできているかです。

デリケートな素材でできている場合は、家庭で洗うことにそもそも不向きな喪服なので、どうしても家庭でカビを落としたい場合でも生地を痛めてしまう可能性があるので、そこは自己責任でしてくださいね!

 

喪服のカビをぬるま湯とタオルで落とす方法

暑くない程度のぬるま湯とタオルを用意します。

タオルにぬるま湯を染み込ませて固く絞ったら、タオルでカビを叩いて落とします。

あんまり強く叩いてしまうと、カビが繊維の奥に入りこんでしまうので、優しく叩いて

落としていってください。

喪服のカビを消毒用のエタノールで落とす方法

薬局などで売っている消毒用エタノールと歯ブラシを用意します。

歯ブラシに消毒用エタノールを少しつけて、歯ブラシで叩きながらカビを落としていきます。

メイク落とし用のシートクレンジングで落とす方法

メイク落とし用のクレンジングシートを用意します。

クレンジングシートでカビを優しく拭き取っていきます。

強く擦ると生地を痛めてしまうので、優しく拭き取ります。

 

どの方法も家庭にあったり、直ぐに手に入るもで簡単に試すことが出来るので、喪服にカビがついてしまた場合に、ぜひ試してみてください。

ご紹介した方法だけでも、カビを落とすことはできますが、仕上げに洗濯をしたほうがより効果的です。

次は家庭での喪服の洗濯する方法をご紹介しますね!



スポンサーリンク

喪服を自宅で洗濯する方法!失敗を避けるには?

まず、喪服を自宅で洗っても問題はないの?と思いますが、喪服は自宅で洗濯することができます。

ただ、喪服の素材によっては洗濯することで痛めしまうので、こちらも自己責任でおこなってくださいね。

  1. 喪服を洗濯する場合は、まず型くずれしてしまわないように、綺麗に畳んで洗濯用のネットに入れます。
  2. おしゃれ着洗い用の洗濯洗剤を使用して、洗濯機の「ドライコース」や「おしゃれ着洗い用コース」で洗濯をします。
  3. 脱水はしすぎてしまうとしわくちゃになってしまう可能性があるので、様子を見ながら脱水は短時間にします。目安としては1分くらい。
  4. 洗濯が完了したあとはシワを伸ばしながら日陰で干して乾かします。日光が当たるところで干してしまうと、変色や日焼けの原因になります。乾かす時は必ず日陰で乾かしたくださいね。



スポンサーリンク

喪服のカビの原因と予防方法

喪服にカビが着いてしまった時の自宅での対処法と洗濯の仕方をご紹介しましたが、出来ればカビがつかないようにしたいものです。

なぜ、喪服にカビがついてしまうのかというと、短時間しか着てないしいいかなと思って

クリーニングに出さずクローゼットにしまうことに原因が。

短時間しか着ていなくても、自分では分からないくらいの少量の汗をかいていたり、ふけやホコリが付着していています。

カビにとっては、汗やふけやホコリは栄養源となってしまうので、これらを栄養にして繁殖してしまうのです。

クリーニングにちゃんど出してしまっていたとしても、クローゼットに服がぎゅうぎゅうに詰められていたり、クリーニングから帰ってきてそのままビニールの袋をかけたまま保管していてはいけません。

湿気が多くなってしまい、カビは湿気も好むので、カビが繁殖してしまう原因になります。

喪服にカビがついてしまうのを防ぐためには、

  • どんなに短時間であっても着用したらクリーニングに出す。
  • クローゼットに治す際は、クローゼットにぎゅうぎゅうにつめこまない。
  • クリーニングから帰ってきたビニールの袋のまま保管するのではなく、通気性がいい素材で出来ているスーツ等の保存用カバーを使用する。

これは喪服だけに当てはまることではないので、スーツなどを保管する際も気をつけてカビが発生してしまわないように保管しましょう。



スポンサーリンク

まとめ

今回は、

  • 喪服にカビが生えてしまった時の対処法
  • 喪服を自宅の洗濯機で洗濯する方法
  • 喪服にカビがつく原因と対処法

を、ご紹介しました。

急に喪服を着ることになった時、喪服にカビが生えてしまっても、焦らずにぜひいざと言う時に活用してみてください。

また、喪服にカビが発生してしまわないように、普段の保管方法を気をつけておくとさらに安心ですね。



スポンサーリンク