洗い方

ダウンジャケットはコインランドリーで洗濯できる?方法と乾燥時間



スポンサーリンク

ダウンジャケットはクリーニングに出すべきと思っていませんか。

家族全員のダウンジャケットを出すとなると、結構高いしもう一着買えるくらいになることも。

お金と時間をかけずにお手入れする方法として、コインランドリーがあります。

今回は、ダウンジャケットはコインランドリーで洗濯する方法と乾燥時間をご紹介します。



スポンサーリンク

ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯する前に確認すること

まずは、「洗濯表示」を必ずチェックしてください。

水洗い可のタグが付いていればコインランドリーで水洗いできますよ。

生地がポリエステルならば大丈夫です。

レザーやウール素材は、残念ながらコインランドリーでは洗濯出来ないので注意してください。

レザーはひび割れたり、ウール生地は縮んでしまう可能性があるのでクリーニング店にお願いしてくださいね。



スポンサーリンク

ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯する方法

さて、ダウンジャケットは自宅で洗おうと思えば洗えるのですが、ダウン(羽毛)が水に浮きやすい性質上、縦型の洗濯機だとうまく洗えない可能性があります。

それに、自宅で3着も4着もいっぺんには洗えないから何回も洗濯機回すのは手間がかかって大変ですよね。

コインランドリーなら自宅の洗濯機よりかなり大きいし、ドラム式なので浮きやすいダウンでも洗えます。

コインランドリーで洗濯する場合、何点かポイントがあります。

 

まず、ダウンジャケットのどこが汚れやすいかというと、圧倒的に襟まわりです。

ファンデーションが付着して残念なことになった経験ありませんか?

そして、子どもならば袖まわり、ポケットまわり、あとは裾まわりも汚れやすいですね。

これらの場所をコインランドリーで洗濯機に入れる前に予洗いしておきましょう。

予洗いといっても、汚れの目立つ部分に、洗剤の原液をスポンジやタオルでしみこませて、軽くたたくように汚れを浮かせておけば大丈夫です。

 

あとは、取り外し可能なフードならきちんと外しておきましょう。

また、ファスナーボタンはきちんとしめておきます。

生地をいためる原因になりますからね。

そして、ダウンを裏返してからネットに入れて洗濯機に入れてください。

「弱」や「ソフト」コースを選んで、洗濯スタートさせればOKです。



スポンサーリンク

ダウンジャケットの乾燥時間は?正しい乾燥方法

ダウンジャケットは、コインランドリーで乾燥機にかけるより、自然乾燥の方がよいイメージがありませんか?

でも、実はダウンジャケットはなるべく乾燥機を使用した方がいいんです。

この乾燥がダウンジャケットを洗濯するうえでの一番のポイントです。

自然乾燥だとダウン(羽毛)が片寄ってしまったり、すすぎや脱水が不十分な場合にはしみになって残ってしまうこともあります。

コインランドリーで乾燥させる時には、大きめのタンブラー乾燥機に入れて低温で乾燥させると製品へのダメージを防ぐことができます。

でも、おうちの洗濯物と一緒に洗濯機の許容量いっぱいに入れて乾燥させてはダメですよ!

きちんと、ダウンジャケットのみを大きめのタンブラーに入れて回しましょう。

縮みやダウン(羽毛)の片寄りなくふんわり仕上がります。

 

乾燥時間の目安は、2着同時に入れて約40分程度

いきなり、40分で設定するよりは20分と20分で様子を見ながら回す方がおすすめです。

湿気が気になる様だったらプラス20分もすれば完全に乾きます。

家に持って帰ってすぐにクローゼットにしまわないようにしましょう。

乾燥した後は、熱がこもっているので室内に2~3日かけておき、しっかり乾燥させてからクローゼットにしまうとカビの心配はありません。



スポンサーリンク

まとめ

ダウンジャケットの中には、とても高価なものもあります。

一番お気に入りのダウンジャケットは、クリーニングにお願いするのが安心です。

万が一仕上がりが失敗しても、そんなに気にならないお値段のダウンジャケットであれば、コインランドリーでの洗濯・乾燥を試してみてください。

クリーニング店だと、大きめのアウターは1着2000円~3000円はかかります。

コインランドリーなら2000円もあれば家族分ダウンジャケットを乾燥までできます。

すごく経済的ですね。

毎シーズンしっかりしたお手入れと正しい保管をしていれば、長く重宝するダウンジャケットです。

賢い洗濯方法をマスターして大切にしましょうね。



スポンサーリンク