掃除

扇風機を掃除する効果と頻度は?ホコリを取れば風量が上がる!?



スポンサーリンク

もはや季節家電ではない扇風機。

使っていくうちに、扇風機にホコリが溜まって風量が落ちてきませんか。

ホコリが溜まるとカビの繁殖原因や、故障原因になってしまいます。

扇風機の掃除の効果や頻度はどれくらいがいいのでしょうか。

今回は、風量が落ちた扇風機の掃除の頻度と効果をご紹介します。



スポンサーリンク

 扇風機のホコリの掃除!頻度と効果

適度な掃除の回数は使用頻度にもよります。

羽の状態を見て、曇っているようにホコリが付着していたらお掃除のサインです。

お天気のいい日を狙って、お掃除してみましょう。

掃除前には必ずコンセントを外す

扇風機を分解していくときに、誤操作で思わぬケガになってしまいます。

洗剤や水も使いますから、感電の恐れも。

お掃除する前に、必ずコンセントを抜きましょう。

通気の良いところで、新聞紙を広げて分解

コンセントも抜いたし…と、いきなり分解してはいけません。

分解していくたびに、ほこりが舞ってしまいますし、洗剤使えば臭いがキツイ場合も。

できたら、ベランダで。

もう一つオススメは、新聞紙敷かずに“浴室”で換気扇回して分解しても楽チンです。

洗剤使っても、シャワーでザーッと流せます。

その際、扇風機本体には水をかけないように注意です。

分解できるのは、ファン、前後のファンカバーと、ファンカバーを止めるねじです。

その他本体の分解は故障の原因になりますので、絶対に分解しないでくださいね。



スポンサーリンク

分解したらホコリの性質を見極める

次に試してほしいことは、ホコリがべたついていないかどうか、指で羽をなぞった時に、ウェットだったら油分を含んでいる証拠。

キッチンに近い場所でよく使っていると、べたついたホコリ汚れになります。

べたついた汚れには、スプレータイプのキッチン回り用の洗剤がオススメ。

部品に適度にスプレーしてなじませます。

反対に、ふわっとしたホコリであるなら、一度掃除機で吸い取りましょう。

吸い取ってから洗剤をスプレーします。

キッチンペーパーや古布で汚れをふき取る

洗剤で付け置きしたら、洗剤が乾く前に汚れをふき取ります。

ザっとふき取ったら、浴室の場合はシャワーで一気に流し洗剤や汚れを落とし切ります。

ふき取る前に、洗剤をかけた汚れ部分にキッチンぺーパーでしばらくラップするようにかぶせます。

外すときに押さえつけながらそっと外したり、拭いとったりするときれいにホコリが取れます。

この方法は、エアコンのフィルター掃除などでも使えるので、試してみてくださいね。

水気を拭き取り自然乾燥

必ず、よく乾かしてください。

濡れたまま組み立てて電源を入れると故障の原因になります。

ふき取ってから、通気よい場所で半日から1日かけて乾かしましょう。

モーターの放熱口も掃除

ちょうど扇風機のお尻の部分に、モーターが入っています。

その網目の部分を掃除機で吸い取りましょう。

その作業をこまめにするだけで、モーターに余分な熱が籠らなくなります。

扇風機が壊れるのを防ぐポイントです。

最後は元通りに組み立て

動作中にスポーンと外れてケガしてしまいますから、部品は緩くないようにしっかりと組み立てていきます。



スポンサーリンク

扇風機にホコリをつけない!お手入れ方法

掃除し終わった扇風機の組み立ての前に、各部品に洗濯用柔軟剤を薄く塗布すると、ファンの空気摩擦から発生する静電気を防ぎ、扇風機のホコリの付着を防ぐことができます。

方法はいたって簡単です。

古布に柔軟剤を少量含ませて、ファンやファンカバーに塗り付けていくだけです。

こまめに掃除機と柔軟剤での拭き上げ

扇風機を分解しなくても、モーター部分の放熱口やファンカバーを掃除機で吸い取り、柔軟剤でコーティングすれば、きれいが長持ちします。

柔軟剤の代わりとして、静電気防止スプレーが販売されているので手軽で簡単です。

その際、必ずコンセントは外してくださいね。

ホコリの付着を防ぐ静電気防止スプレー【1L】【代引き手数料無料】

 収納は扇風機にカバーをして

【送料無料】 扇風機 ハロゲンヒーター 収納袋 カバー スッポリかぶせる扇風機カバー チェック花柄 (im-5665m) かぶせるだけで出し入れ簡単 通気性のよい不織布製で、ホコリを防ぎおしゃれに収納!【メール便送料無料】【代引き別途】【RCP】02P23Aug15 

扇風機の季節が終わり、収納する場合はホコリを防ぐためにもカバーをしましょう。

100均では専用のカバーがお手頃で購入できます。

他にも大きなゴミ袋を組み合わせたり、大きさの合う段ボールに収納してもOKです。



スポンサーリンク

【扇風機の掃除】頻度と効果まとめ

今回は、風量が落ちた扇風機の掃除の頻度と効果をご紹介しました。

今や、扇風機は涼風を取り入れるだけではなく、暖房の効率化や洗濯時の部屋干しの必須アイテムなど、最強のコスパを誇る扇風機。

ちょっとしたメンテナンスでクリーンな風が取り込むことができます。

少し、ふき取るだけでもOK!こまめにお掃除してみてくだいね。



スポンサーリンク