洗い方

ダウンジャケットは洗濯できる!ドラム式の正しい洗濯方法と乾燥方法



スポンサーリンク

ダウンジャケットは、クリーニングに毎回出せればいいのですが、面倒で忙しいとそんな時間はなかったり…。

毎回だとお金もかかるし、家でダウンジャケットが洗濯できたらいいのにって思いますよね。

今回はドラム式洗濯機でのダウンジャケットの洗濯方法をご紹介します!

ドラム式洗濯機をお持ちの方の参考になればと思います。

ダウンジャケットはドラム式洗濯機で洗っていいの?

縦型の洗濯機ですと、ダウンジャケットは軽く浮いてきてしまうのであまり向いていません。(浮いてくるのを防止するためにバスタオルなどにくるんで選択するという方法もありますが…)

なので、ダウンジャケットの家庭での洗濯にはドラム式洗濯機がおすすめです!

洗濯表示の洗濯機が×になっていると、洗濯機では洗うと生地を痛めてしまったり、中身が偏ってしまうにではないか…と思いますよね。

実際、洗濯機で洗わないほうがいいものや洗濯機での洗濯に向いていないものもあります。

しかし、実は洗濯機で洗っても問題がないものも多くあります!

 

洗えるものか、洗えないものかの見極めのポイントは、ズバり、表面の生地の素材です!

ダウンジャケットの中身の素材は、ダウンやフェザーや水鳥の毛で出来ています。

水鳥は水の中の生き物なので、水に濡れて痛んでダメになってしまうというようなものではないのですね。

なので、洗濯機で洗えるのか見極める大事なポイントは、外側の生地が洗濯機で洗えるかどうかなのです!!

洗濯表示を確認して手洗いが可になっていて、表面の生地の素材がポリエステルナイロンでしたら洗濯機で洗濯することができます!

ドラム式洗濯機でのダウンジャケットの洗い方

 まず、気になる汚れがひどい部分や襟、袖口を石鹸をつけたスポンジなどで優しくこすって部分洗いをしておきましょう。

使用する洗剤ですが、オシャレ着洗いを使用しましょう。

洗濯洗剤は汚れ落ちがいいのでアルカリ性のものが多いですが、羽毛はアルカリ性に弱いので中性洗剤を使います。

生地を痛める原因になってしまうので、チャックはすべて閉じて、洗濯用のネットに入れます。

ドライコースや手洗いコースなどの優しく洗えるコースを選択して洗濯開始!

あとは洗濯が終わるのを待つだけです。

乾燥が大事!正しい乾燥方法

 洗濯が終わった後は乾燥ですね。

ダウンジャケットにはこの乾燥が大事です!

この乾燥をうまくしなければ、ぺしゃんこになってしまったり中に羽毛が偏ってしまい失敗してしまいます。

実はダウンジャケットの家庭での洗濯は、乾燥させるときに失敗してしまうことが多いものです。

失敗しないためにもダウンジャケットを乾燥させるには、乾燥機での乾燥がおすすめです!

乾燥機を必ず低温モードにしてダウンジャケットを乾燥しましょう。

ダウンジャケットと一緒にテニスボールや乾燥用のボールをいれるとふかふかになりますよ。

熱に強くない生地が使われている場合が多いので、10分おきごとぐらいに様子を確認して乾燥させすぎないように注意ながら乾燥させていきましょう。

 

乾燥機がなく自然乾燥をする場合には、大きくて太いハンガーにかけ直射日光があたらない日陰で乾かします。

この時、ある程度乾いたところで手でパンパンと叩いたり、フリさばいたりして中の羽毛が固まってしまわないようにこまめに手でほぐして乾かします。

この作業をする事で乾いたときの仕上がりが随分変わります。

ダウンジャケットの乾燥には時間がかかりますので、2日ほど自然乾燥させコインランドリーの乾燥機で20分ほど乾燥させ仕上げをすると、ふわふわに仕上がりますよ!

ダウンジャケットのドラム式洗濯機での洗い方まとめ

今回はドラム式洗濯機でのダウンジャケットの洗濯方法と乾燥方法をご紹介しました。

ダウンジャケットのお手入れが大変そうで敬遠いていた方も多いのではないでしょうか?

しかし、ダウンジャケットの正しい洗い方を覚えておけば、ご家庭でお手入れができるので

お手入れも面倒ではありませんね!

寒い季節にとても重宝するダウンジャケット。

洗い方と乾燥のやり方のマスターして、いつまでも新品のような着心地を味わえるといいですね。