染み抜き

蛍光ペンの落とし方!服やワイシャツについたインクを綺麗に消すコツ



スポンサーリンク

子供とお絵かきしていたら、うっかり蛍光ペンが服についてしまったなんてことありますよね。

今回は、服についた蛍光ペンの落とし方をご紹介します。

ワイシャツのポケットに蛍光ペンがついたなんてこともありますが、ワイシャツについた蛍光ペンも同じ落とし方で対処ができますよ。

蛍光ペンはインクの色は薄いですが、ちょっと独特の色なので落とし方に迷います。

蛍光ペンの落とし方を参考に落ち着いて対処しましょう。

 



スポンサーリンク

服についた蛍光ペンの落とし方

蛍光ペンのインクは、ほとんどが水性のことが多いでしょう。

蛍光ペンに含まれている染料で落ち方が変わってきます。

染み抜き方法を何度か繰り返して蛍光ペンの落ち方を確認しながら作業を進めましょう。

また、中には油性の蛍光ペンもあるので水性か油性かも確認します。

それぞれの服についた蛍光ペンの落とし方を見ていきましょう。

 

水性の蛍光ペンの落とし方

水性の蛍光ペンで時間が経っていなければ、固形石けんで落とすことができます。

用意するもの
  • 固形石けん(洗濯用や手洗い用)

 

【手順】

1、蛍光ペンがついた部分を水で濡らし、固形石けんをつけてもみ洗いをする

2、流水で流ししてすすぐ

3、落ちていないようだったら、1~2を繰り返す

 

文具メーカーのホームページを見てみると、蛍光ペンは乾いたら水で落ちにくく作っていますとのことです。

時間が経った蛍光ペンのシミなど、中には固形石けんで落とすことができないこともあるでしょう。

その場合は、次の方法も試してみてください。

 

油性の蛍光ペンの落とし方

 

用意するもの
  • 除光液または消毒用エタノール
  • ゴミ袋
  • タオル2枚(シミが小さい場合はタオル1枚・綿棒)

 

【手順】

1、はじめに作業する場所にゴミ袋を敷く

除光液や消毒用エタノールで作業する机や床を傷めないように、ゴミ袋を敷いて保護しておきます。

2、タオルの上に蛍光ペンのシミ部分をひっくり返して置く(シミの上にタオルが当たるように)

3、シミの裏から除光液や消毒用エタノールを少しずつかける

4、タオルまたは綿棒で上からトントンと軽く叩いていく

タオルに汚れを移すようなつもりで、タオルのきれいな部分にずらしながら落としていきます。

蛍光ペンのインクがタオルにつかなくなるまで繰り返します。

5、いつも通り洗濯する

シミ抜きが終わったら、水洗いをしていつも通り洗濯しましょう。

 

プロの裏ワザ

除光液や消毒用エタノールでも落ちない場合は、プロのクリーニング店でも行っている酸素系漂白剤でのシミ抜き方法も試してみましょう。
用意するもの
  • 酸素系漂白剤
  • 使い古し歯ブラシ
  • ドライヤー

 

【手順】

1、シミ部分に酸素系漂白剤をかける

シミ部分にタオルをあてて、裏から酸素系漂白剤をかけます。

2、上から歯ブラシで軽く叩く

生地を傷める場合があるので、力を入れすぎずに軽く叩くようにします。

3、ドライヤーで1,2分温める

酸素系漂白剤は、温めることで漂白効果が高まります。

4、もう一度歯ブラシで軽く叩く

5、いつも通り洗濯する

1~4を2、3回繰り返してシミが落ちたら、いつも通り洗濯します。

酸素系漂白剤は、色柄物に安心して使うことができますが、念のため色落ちテストを行ってから使用しましょう。

 

便利なグッズに頼ってみるのもアリ!

洗濯機や手洗いでは落ちにくい衣類や布製品の部分汚れを、毎秒約38,000回の超音波振動で弾き出して素早くキレイに落としてくれる「超音波ウォッシャー」というものがあります。

コートのポイント汚れや帽子などの丸洗いしにくいものにも使えて、使い勝手がよさそうです。

いいですね!手洗いや洗濯機では、毎秒約38,000回叩くなんて無理なので、便利なグッズを試してみるのも



スポンサーリンク

服についた蛍光ペンを落とす時の注意点

服についた蛍光ペンを落とす時には、いくつか注意して欲しい点があります。

水につけ置きしない

汚れたら水につけ置きした方がいいような気がしますよね。

でも、蛍光ペンがついた服を水につけ置きするとインクのシミが広がってします可能性があります。

蛍光ペンがついた服はつけ置きしないようにしましょう。

 

色落ちテストをする

除光液や消毒用エタノール、酸素系漂白剤を使用する場合は、生地を傷めたり色落ちしてしまう可能性があります。

シミ抜きをする前に必ず色落ちテストを行ってから使用しましょう。

衣類の目立たないところに、除光液などをつけて5分程おきます。

上からタオルで押さえて、タオルに色が移らなければ色落ちがしないので、シミ抜きを始められます。

もし、タオルに色が移るようだと色落ちするので自宅で蛍光ペンのシミを落とすことはできません。

プロのクリーニング店にお任せしましょう。

 

無理はせず、プロに任せる

色落ちテストで色落ちしたり、デリケート素材の服、お気に入りの大切な服は、無理せずにプロのクリーニング店にお任せしましょう。

その時に、シミの原因が蛍光ペンであることや自分で行った染み抜き方法を伝えておくと、スムーズに対処してもらえますよ。

 



スポンサーリンク

まとめ

今回は、服についた蛍光ペンの落とし方をご紹介しました。

子供の服だけでなく、ワイシャツに蛍光ペンがついてしまうこともあるでしょう。

同じ方法で落とすことができるので、注意点に気をつけながら一度試してみてくださいね!

でも、無理はせずに心配な場合はプロにお任せしましょう。



 



スポンサーリンク