洗い方

カシミヤマフラーの自宅での洗濯方法は?失敗しない干し方も紹介



スポンサーリンク

カシミヤマフラーを愛用していると、汗やファンデーションで汚れていないか気になります。

ずっと洗濯していないと臭いがしてきそうで気が気ではありません。

今回は、カシミヤマフラーの自宅でできる洗濯方法と干し方をご紹介します。

正しい洗濯方法を知っておけば、安心して洗濯することができますよ。

カシミヤマフラーは決して安いものではないので、自宅で洗濯するのも心配ですが、クリーニング代も節約したいのが本音ですよね。

 



スポンサーリンク

カシミヤマフラーを洗濯する前に確認すること

カシミヤは、カシミール地方に生息しているヤギの毛のことを言います。

生産量が少ないので値段も高価になっています。

毛の繊維が細く長いため、空気を含みやすく保湿性が高いのがメリットですが、逆を言えば擦り切れたり破れたりしやすく、シミにもなりやすいデリケートな素材でもあります。

そんなカシミヤ素材のマフラーを洗濯する時は、必ず洗濯前に3つのポイントを確認しましょう。

洗濯表示を確認する

どんな素材の衣類を洗濯する前に共通することですが、洗濯表示のタグ内容はきちんと確認しましょう。

つまり、水洗いが可能かどうかを確認します。

洗濯表示に洗濯機マークや水洗い可マークがあれば、水洗いすることができます。

水洗い不可マーク(桶にバツマーク)が付いているものは基本的には水洗いができないので、無理にホームクリーニングせずにプロのクリーニング店にお任せした方が無難です。

ドライマークがついていると、「ドライクリーニングに出さないといけない」「ドライクリーニングしかできない」と思いがちですが、実際の意味は「ドライクリーニングが可能」ということなんです。

ですから、ドライマークがついていても、おしゃれ着用洗濯洗剤で洗うことができます。

 

おしゃれ着用洗濯洗剤を使用する

カシミヤなどのデリケートな素材の衣類を選択する時は、おしゃれ着用の中性洗濯洗剤を使うようにしましょう。

普通の洗濯洗剤(弱アルカリ性)に比べて洗浄力は低くくなりますが、素材を傷めず、色あせや型くずれを防ぎながら汚れを落とすことができます。

また、繊維同士のすべりを良くする成分や繊維を保護する成分などを配合しているものもあり、仕上がりを良くしてくれます。

仕上げに柔軟剤を使用すれば、よりふんわりとした仕上がりになる上に、静電気の発生を抑える働きもります。

 

色落ちテストを行う

特に初めてカシミヤマフラーを洗う時には、目立たない場所に原液のまま洗剤をつけて、5分ほどおいてティッシュペーパーなどで押さえます。

もし、ティッシュに色がつくようでしたら、単独で洗った方がいいでしょう。

 



スポンサーリンク

カシミヤマフラーの洗濯方法

では、さっそくカシミヤマフラーを洗濯していきましょう。

上記のようにカシミヤは非常にデリケートな素材なので、手洗いすることをおすすめします。

用意するもの
  • おしゃれ着用の中性洗剤
  • 洗面器や桶(洗面台に栓をしてもOK)
  • ゴム手袋(手荒れが心配な人)
  • 柔軟剤

 

洗濯の手順

1、洗濯前に軽くブラッシングする

カシミヤの毛並みに沿って、軽くブラッシングすることで生地の表面についたホコリやゴミを取り除いておきます。

 

2、マフラーをたたむ

マフラーの汚れが気になる部分を外側になるようにたたみます。

その時洗面器や洗面台の大きさに合わせて折るようにしましょう。

 

3、洗浄液を作る

洗面器または洗面台にぬるま湯をはり、そこにおしゃれ着用の中性洗剤を溶かして洗浄液を作ります。

水温は30度以下にして、熱すぎないようにします。

 

4、押し洗いをする

洗浄液に折りたたんだマフラーを両手で沈めて、優しく丁寧に押し洗いをします。

決して、もみ洗いやこすり洗いはしないようにしましょう。

カシミヤの生地を傷めてしまいます。

時間をかけずに手早くかつ丁寧に洗います。

特にマフラーのサイドやフリンジ部分は擦れやすくなるので注意します。

 

5、すすぐ

きれいなぬるま湯に変えて、2~3回すすぎます。

すすぐ時も水温は30度以下で、もみ洗いやこすり洗いはせずにやさしく押していきます。

 

6、すすぎの2回以降に柔軟剤を入れる

ぬるま湯に柔軟剤を加え、マフラーを3分ほど浸します。

 

7、脱水する

タオルドライか洗濯機で脱水します。

洗濯機で脱水する時は30秒程で済ませます。

タオルドライは、大判のバスタオルにマフラーを挟み軽く押して脱水します。

 

洗う時は、

  • 水温は30度以下
  • 洗剤はおしゃれ着用中性洗剤
  • 優しく両手で押し洗い(揉む・擦るは禁忌!)

 



スポンサーリンク

【動画】カシミヤマフラーの洗濯方法

洗濯して脱水まで終わったら、すぐに形を整えて干していきましょう。

 

カシミヤマフラーの干し方

丁寧に洗濯しても、干し方を間違ってしまうと仕上がりが残念な結果になってしまいかねません。

最後まで気を抜かずに干していきましょう。

干し方の手順

1、形を整える

洗濯・脱水が終わったら、軽く叩いてシワを伸ばします。

また、力を入れずに縦方向・横方向に軽く引っ張ります。

フリンジ部分は、絡まりがあればほどいておきましょう。

 

2、陰干しする

直射日光が当たるとカシミヤが傷むので、必ず陰干しします。

また、カシミヤマフラーは基本的に平干ししましょう。

注意するのは、マフラーがはみ出し手垂れてしまっていないかです。

生地が下に垂れていると、水分の重みで生地が伸びてしまったり形が崩れてしまったりします。

平干しできない場合は、2本のハンガーにかけてM字になるように干しましょう。

マフラーをかけるハンガー部分にタオルを巻くことで、マフラーに変な折り目が付くことを防ぎます。

ハンガーに干す場合も、垂らす長さを均一にして、型崩れに気をつけます。

 

3、スチームを当ててブラッシング

マフラーが乾いたら、仕上げにアイロンのスチームを当てます。

マフラーにアイロンが当たるか当たらないかぐらいの距離でスチームだけを当てるようにします。

最後に、洋服用のブラシでカシミヤの毛並みに沿ってブラッシングすれば出来上がりです。

 

干すときは、

  • 形を整えて陰干し
  • 平干しまたはハンガーでM字干し

 

平干しできる場所がない場合は、平干し用のネットがホームセンターなどに売っています。

洋服用のブラシは、毛が柔らかい馬毛のブラシがおすすめです。

 



スポンサーリンク

まとめ

今回は、カシミヤマフラーの自宅でできる洗濯方法と干し方をご紹介しました。

カシミヤは決して安い物ではないので、正しいお手入れをして、ぜひ長く愛用してくださいね。

洗う時のポイントは、

  • 水温は30度以下
  • 洗剤はおしゃれ着用中性洗剤
  • 優しく両手で押し洗い(揉む・擦るは禁忌!)

干す時のポイントは、

  • 形を整えて陰干し
  • 平干しまたはハンガーでM字干し

 

 



スポンサーリンク