Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
洗い方

カシミヤマフラーの毛羽立ちを直す方法!お手入れ方法と予防策も



スポンサーリンク

カシミヤのマフラーは温かくて肌触りも気持ちが良くて、この季節は大活躍です。

でも、お気に入りだからこそ愛用していると、だんだん毛羽立ちが目立ってきますよね。

そんなカシミヤの毛羽立ちを直す方法があるんですよ。

今回は、カシミヤのマフラーの毛羽立ちを直す方法と日頃のお手入れ方法をご紹介します。

日頃からお手入れすることで、カシミヤの毛羽立ちも防ぐことができます。

ぜひ、大切なカシミヤのマフラーを長く愛用できるよう試してみてくださいね。



スポンサーリンク

カシミヤのマフラーの毛羽立ちはどうやって直すの?

カシミヤは決して安物ではありませんから、毛羽立ちがあるからとすぐに買い替えるというわけにはいきませんよね。

ですから毛羽立ちを直してできるだけ長く愛用したいものです。

カシミヤマフラーの毛羽立ちの直し方を見ていきましょう。

ブラッシングをする

カシミヤの毛羽立ちを直す方法として、ブラッシングがあります。

カシミアの毛の流れに沿って、優しくブラッシングしましょう。

カシミヤの毛はデリケートで細いので、ブラシの毛は柔らかい馬毛がおすすめです。

合成繊維のブラシは静電気を起こし、生地を傷めてしまうのでおすすめしません。

ブラシを選ぶポイントは、

  1. 馬毛
  2. 毛足が少し長い
  3. コシがある
  4. キメが細かい

スチームを当てる

カシミアの繊維の流れが均一でないため、毛羽立ちとして目立ってしまいこともあります。

その場合はアイロンのスチームを当て、その後にブラッシングをするときれいに毛の流れを整えることができます。

ただ、湿気は毛羽立ちや毛玉の原因ともなるので、スチームを当てた場合は余分な水分はしっかり取るようにしましょう。

毛玉を取る

カシミヤは毛羽立ちと同様、性質上毛玉(ピリング)もできやすいのです。

毛羽立ちがを放置していると、繊維の束が絡まり毛玉になってしまします。

できてしまった毛玉は、引っ張らずにはさみなどで丁寧に取るのがいいでしょう。

ただ、マフラーまで切らないように細心の注意が必要です。

他にプロの裏ワザとして、食器用のスポンジ(堅い方)で取るという方が多いようです。

 



スポンサーリンク

カシミヤのマフラーが毛羽立つ原因は?

カシミヤがなぜ毛羽立ちやすいか知っておくと、日頃のお手入れに役立ちます。

生地表面が擦れてしまう

カシミヤに限ったことではなく、羊毛を含めた獣毛はカットした短い毛を束ねて繊維糸にしていて、スケールと呼ばれるうろこ状の突起した表面構造になっています。

そのため、どうしても繊維同士が絡み合って毛玉(ピリング)や毛羽立ちになってしまいます。

また、毛の性質でカールして保温性を保とうとする働きがあり、生地表面がすれることで繊維同士が絡まり合って毛玉や毛羽立ちになってしまうんです。

 

ホコリと静電気

外気などの空気中に舞っているホコリや他の衣類の繊維が、カシミヤの繊維についてしまい、繊維同士が絡まって毛羽立ちになってしまいます。

また、静電気によりカシミヤの繊維同士がくっつき、絡み合って毛玉や毛羽立ちになってしまいます。

 

水分と湿気

カシミヤは水分や湿気を含むと、毛のキューティクルが開く性質があります。

毛のキューティクルが開くと繊維同士が絡まりやすくなり、いつも以上に毛玉や毛羽立ちが目立つようになってしまいます。

冬場は厚着をし汗をかいたり蒸れたりすることがあります。

その状態でカシミヤのマフラーを巻いていると、生地同士の擦れと水分・湿気が加わることで、さらにカシミヤの毛玉や毛羽立ちができやすくなるというわけです。

 



スポンサーリンク

カシミヤマフラーの日頃のお手入れ方法

日頃からお手入れしておけば、毛羽立ちや毛玉をできるだけ抑えて、長く愛用できます。

ちょっとしたことですので、ぜひ取り入れてみてください。

ブラッシングをする

カシミヤのマフラーを着用後は、目に見えないホコリやゴミがついています。

またカシミヤの毛並みも乱れているでしょう。

ブラッシングをすることで、ホコリやゴミを落とし、毛の流れも整えることができます。

ブラッシングを日頃から行うことで、毛羽立ちや毛玉を予防してくれます。

適度に休ませる

お気に入りだと毎日使いたくなる気持ちも分かりますが、長く愛用するためには適度に休ませながら使うことが大切です。

カシミヤはとても繊細な素材のため、連続使用をすると毛羽立ちや毛玉ができやすくなり、匂いもつきやすくなります。

一日使ったら一日、ハンガーにかけて休ませましょう。

風を通す

ハンガーにかけて干すときは、風通しのいいところに陰干ししましょう。

風を通すことで、ホコリやゴミ、匂いを取り除くことができます。

自然の風でもいいですが、手っ取り早くホコリやゴミを取り除きたい時は、湿度の高い所で扇風機の風量をMAXにして当てれば、短時間で取り除きことができます。

汗や汚れはふき取る

汗は変色や色落ちの原因になり、汚れはそのままのしていると虫食いの原因になってしまします。

薄めた中性洗剤を柔らかい布やタオルに染みこませて、汗や汚れを拭き取ります。

その後、きれいな柔らかい布やタオルで水拭きをして洗剤を取り除きます。

ハンガーに干してよく乾かした後、ブラッシングをしましょう。

濡れた状態でのブラッシングは、カシミヤの生地にもブラシにもよくありません。

雨で濡れた場合も、タオルで水分を十分に取りハンガーにかけて乾かした後、ブラッシングをするようにしましょう。

 



スポンサーリンク

まとめ

今回は、カシミヤのマフラーの毛羽立ちを直す方法と日頃のお手入れ方法をご紹介しました。

カシミヤのマフラーが毛羽立った時は、

  • ブラッシングをする
  • スチームを当てる
  • 毛玉を取る
ぜひ、お手入れ方法を参考に、お気に入りのカシミヤマフラーを長く大切に使ってくださいね!

日頃のお手入れ方法にも役立つ馬毛のブラシはこちらです!

↓ ↓ ↓

 

 



スポンサーリンク