染み抜き

アクリル絵の具の落とし方は?服が簡単にキレイになる!?



スポンサーリンク

発色が美しいアクリル絵の具は、乾くと簡単には取れにくい性質があり、服につくと非常に厄介です。

でも、アクリル絵の具が服についても諦めたくないですよね。

だけど、服についた汚れの簡単な落とし方はあるのでしょうか?

もし、適切な落とし方あれば知りたいですよね。

そこで、今回は「服についてしまったアクリル絵の具を簡単にキレイにする方法」についてご紹介したいと思います。

 



スポンサーリンク

アクリル絵の具とは?

アクリル絵の具とは、絵画などに用いられる画材の一種です。

アクリル絵の具に類した画材に「水彩絵の具」が挙げられます。

小学生が図画工作の時間に絵画や景色を描く時に使う、誰もが一度は手にしたことがある手軽な画材です。

使い方は、アクリル絵の具、水彩絵の具共にどちらも水で溶かして描いていきます。

 

両者の違いは、「顔料に何を混ぜるか」という点にあります。

アクリル絵の具は、アクリル樹脂+顔料を混ぜ合わせた顔料です。

一方、水彩絵の具は、アラビアゴム+顔料という材料の組み合わせで混ぜ合わせています。

つまり、同じ水に溶かして描く画材でも混ぜる成分次第で、画材の特徴・性質がかわるのです。

 

更にアクリル絵の具の主な特性は、水に溶かして着色させますが、乾くと水で取れなくなるという点にあります。

速乾性・耐水性共に優れているため、油性絵の具と比較すると、非常に扱いやすい製品となります。

発色も美しく、最近では水彩画に並ぶ程の人気が出てきています。

また、アクリル絵の具はどんな素材にも描けます。

紙・ガラス・金属・布地・・・ほとんどの素材に描くことができます。

 

しかし、一度塗り乾くと簡単に取れることがないという優れた利点がある一方で、つけたくない所につけてしまうと簡単には落とすことが難しいという難点も持ち合わせているのです。

なので、服にアクリル絵の具を付けてしまうことは、水彩絵の具のシミの落ち方とはかなりの違いがあるという訳です。

 



スポンサーリンク

ついてすぐのアクリル絵の具の落とし方

洋服についたばかりのアクリル絵の具の落とし方をみていきましょう。

必要な道具
  • 台所用洗剤又は、固形石鹸
  • ぬるま湯

 

手順
  1. アクリル絵の具の固形を摘んで取り除く
  2. ぬるま湯で粗方の汚れを洗い流す
  3. 洗剤を生地に馴染ませながら部分洗いする
  4. 通常の洗濯をする

 

乾ききっていないアクリル絵の具の耐水性は、まだ完全ではありません。

そのため、洋服の生地についたら乾き始める前に出来るだけ早くシミを落とす作業を始めましょう。

 

しっかり洗ってもなおシミが残る場合は、「酵素性漂白剤」を薄めた溶液に浸し、漂白してみましょう。

生地の素材を確認し、適切な濃度や時間を守りましょう。

 



スポンサーリンク

乾いてしまったアクリル絵の具の落とし方

今度は洋服について乾いてしまったアクリル絵の具の落とし方を見てみましょう。

必要な道具
  • アクリル絵の具リムーバー又はクレンジングオイル
  • 使い古しの歯ブラシ
  • 清潔な白いタオル又は布

 

手順
  1. タオルを汚れた部分の下に敷く
  2. 乾いたアクリル絵の具にリムーバーまたはクレンジングオイルを馴染ませ溶かしていく
  3. 歯ブラシで軽く擦り汚れを下のタオルに移していく
  4. 粗方の汚れが取れたら、水洗いをする
  5. 通常の洗濯をする

 

汚れが下に敷いたタオルに移るので、常に綺麗な面をずらしながらタオルを当てて作業を繰り返していきましょう。

時間が経過して絵の具が堅くなっている場合は、少し時間をかけてリムーバーで顔料を溶かしていきましょう。

服地の素材によっては、デリケートなものもあります。

いきなり汚れた箇所に溶剤を塗るのではなく、目立たないところで一度テストをしてから染み抜きの作用をしましょう。

 



スポンサーリンク

アクリル絵の具を落とすときの注意点

台所洗剤やアクリル絵の具リムーバーなどで落とすとき、水で洗い流す際は注意が必要です。

アクリル絵の具の汚れが浮いてきますが、すばやく洗いとすすぎを行わないとアクリル絵の具の汚れが洋服の他の場所まで広がってしまう恐れがあります。

洗面台やお風呂場窓など、すぐに洗いやすすぎのできる場所で洗うようにしましょう。

 

アクリル絵の具はメーカーによって、含まれる成分が変わってきます。

ご紹介した方法では、完全にアクリル絵の具を落とすことができない場合があります。

また、服の素材がポリエステルなら摩擦に強く丈夫ですが、綿は縮みやすく繊維の奥までアクリル絵の具が行き渡り落ちにくい場合があります。

ウールやシルクなどのデリケート素材や大切な洋服、どうしてもアクリル絵の具のシミを落としたい場合は、無理せずにクリーニング店などの専門家にお任せした方が安心です。

 



スポンサーリンク

壁についたアクリル絵の具の落とし方

自宅でアクリル絵の具を使った時には、洋服だけではなくてうっかり壁につけてしまうことがありますよね。

服についたアクリル絵の具と同様に、できるだけ乾かないうちに水拭きをしてみましょう。

それでも落ちない時は除光液を使います。

ただ、壁の素材や加工によっては使えない場合があるので、必ず目立たない場所で確認してから使うようにしましょう。

 

まとめ

アクリル絵の具の特徴や服についてしまったアクリル絵の具を簡単にキレイにする方法についてご紹介しました。

水彩絵の具感覚で色を塗っていて、うっかり服に付けてしまったとしても、これらの裏技さえ押えておけば、シミになる前に解決できそうですよね。

今年もそろそろ芸術の秋を迎えます。

アーティスト気分を気取って、早速アクリル絵の具で秋の風景でも描いてみませんか?

 

 



スポンサーリンク