染み抜き

作業服についたペンキの落とし方!手についたペンキを落とし方も



スポンサーリンク

私はDIYが好きで、小さな棚などを作ります。

そんな中でよく使用するのがペンキですが、作業服や手につくことがあります。

このペンキを落とすのがとても大変なんです。

今回はタイプ別に作業服についたペンキの落とし方をご紹介します。

また、手についたペンキの落とし方も紹介していきますよ。



スポンサーリンク

作業服についたペンキの落とし方

作業服についたペンキをタイプ別に落とし方をご紹介します。

油性ペンキの落とし方

まずは、油性ペンキの落とし方を紹介します。

油性ペンキは、耐久性や通気性に優れていることから人気の高い塗料となっています。

しかし、強い粘膜を作って乾くようになっているので、落とすときは準備が必要となります。

用意するもの
  • クレンジングオイルもしくは食器用洗剤
  • スポンジ
  • 使い捨ての歯ブラシ
  • お湯(40℃くらい)を入れた容器
  1. まずは、ペンキが付いている部分に使い捨ての歯ブラシで優しくこすりましょう。服の繊維に絡みついてしまったペンキが落としやすくなりますよ。このときに、繊維を傷付けてしまわないように注意してください。
  2. 次は、スポンジにクレンジングオイルもしくは食器用洗剤を付けましょう。
  3. 容器に入れたお湯にペンキが付いた部分を浸し、スポンジで軽く押さえつけるようにします。注意点として、こすったりしないようにしてください。
  4. ある程度ペンキが落ちたのを確認したら水で洗い流し、洗濯機に入れて普段通りの洗濯を行うようにしてください。
これで、服についてしまった油性のペンキを落ちやすくなりますよ。

 

水性ペンキの落とし方

次は、水性のペンキの落とし方について紹介していきましょう。

水性ペンキの場合は、油性のペンキに比べると簡単に落とすことができます。

コツは、ペンキが乾いてしまう前に水で洗い流すことです。

  1. 容器に水を入れペンキが付いてしまった部分を浸しましょう。
  2. そして、ゴシゴシと揉み洗いをしてください。
洗剤を使わずにペンキを落とすことができますよ。

 

乾いたペンキの落とし方

次にペンキが渇いてしまってから、落としたい場合の落とし方を紹介していきましょう。

後からペンキが付いてたと気づくこともよくありますよね。

油性ペンキの場合

まずは、油性ペンキの場合ですが用意するものがあります。

それは、ホームセンターなどで購入することのできる「ペイント薄め液」です。

速乾性があり一度着色すると取れにくい性質がある油性ペンキなので、きちんとしたものが必要となるんですね。

  1. まず、ペイント薄め液を浅いトレーや紙皿に少量を移しましょう。
  2. 次にペンキが付いている部分を薄め液に浸します。
  3. 塗料が柔らかくなってきたら、使い古した歯ブラシなどで塗料を擦り取ります。
  4. 別の容器にぬるま湯と台所洗剤を入れて揉み洗いします。
  5. 最後に洗濯機に入れ、普段通りの洗濯をしたら完了です。

水性ペンキの場合

次に水性ペンキが渇いてしまった場合の対処方法をみていきましょう。

  1. 容器にお湯を入れ、ペンキが付いた部分を浸します。
  2. ペンキが柔らかくなってきたら、使い古した歯ブラシなどでこすり取るようにします。
  3. 最後に洗濯機に入れ、普段通りの洗濯をすると完了です。
ペンキが作業服についてしまうと、もうダメかなと感じてしまうかもしれませんが、正しい落とし方を知っておくと安心してペンキを楽しむことができるようになりますよ。



スポンサーリンク

手についたペンキの落とし方

ここでは、うっかり手にペンキが付いてしまった場合の落とし方を紹介していきましょう。

落とし方は、水性ペンキも油性ペンキも同じ手順です。

まず、ついて時間が経っていない場合はすぐに水もしくはぬるま湯で洗い流しましょう。

このとき、ハンドソープや石けんを使うとより簡単に落とすことができるようになります。

それでも落ちにくい場合は、マニキュアなどを落とす際に利用する除光液(リムーバー)をガーゼや布に染み込ませた後、ペンキを拭き取るようにすると落とすことができますよ。

 

次に、ペンキが渇いてしまった場合の落とし方について見ていきましょう。

乾いてしまった場合は、水性と油性で落とし方が異なりますので、注意してくださいね。

  • 水性ペンキの場合:ペンキが付いた手をお湯に浸け、タワシやスポンジなどを使って擦り落とすようにしましょう。
  • 油性ペンキの場合:クレンジングオイルを使って落とすようにしましょう。

先ほど紹介した薄め液でも落ちるのですが、肌が弱い人や敏感な人には合わない場合があるのでおススメできません。

クレンジングオイルを使ってもすぐにはキレイに落とすことができません。

根気よく、少しずつ落とすようにしていきましょう。



スポンサーリンク

まとめ

今回はタイプ別に作業服についたペンキの落とし方、手についたペンキの落とし方も紹介しました。

ペンキでペイントするのに夢中になってしまい、気付くと乾いてしまっているということがよくあります。

簡単に落とすためにも、あまり作業に夢中になり過ぎず、早めにペンキを落とすようにしていきたいですね。



スポンサーリンク