染み抜き

【醤油の染み抜き】時間が経ったシミは歯磨き粉・緑茶で落ちる?



スポンサーリンク

醤油が服につくと慌てます。

家ならまだしも出先だとなおさらです。

醤油の染み抜き方法に歯磨き粉や緑茶がありますが、本当に落ちるのでしょうか?

時間が経った醤油のシミが家庭にあるもので落とせると嬉しいですよね。

今回は、歯磨き粉や緑茶での醤油の染み抜き方法と時間が経った頑固なシミでも落とせるのか、外出先での応急処置についてご紹介します。



スポンサーリンク

時間が経った醤油の染み抜き方法

 本来、醤油は水溶性のシミなので、シミが付いてすぐなら水で洗うだけで結構落ちしてまうシミなんです。

しかし時間が経った醤油のシミは、醤油は色が濃いことから、繊維に醤油が染み込んでしまって取れにくい頑固なシミになってしまいます。

歯磨き粉で時間が経った醤油のシミを落とす方法

一つ目は、歯磨き粉での落とし方です。

歯磨き粉を使った落とし方

1、まず、シミが着いた部分をぬるま湯で湿らせます。

2、いらない歯ブラシに少量の歯磨き粉をつけて、シミの部分を絶対に擦らず優しく叩いてシミを落とします。

何度もいいますが、絶対にこすってはいけません服の素材を痛める原因になりますし、擦ることでシミを広げてしまいます。

一気に落とそうとせず、歯磨き粉が足りなくなったら足して、少しずつ取っていくようにしましょう。

3、シミが落ちたら歯磨き粉をしっかり洗い流して、あとは普通に洗濯機で洗濯して仕上げます。

この方法はデリケートな生地だと痛めてしまう恐れがあるので、絹やレーヨンの素材の服には行わないようにしてください。

緑茶で時間のたった醤油のシミを落とす方法

次は緑茶での落とし方です。

歯磨き粉で落ちるのは何となく分かる気もしますが、緑茶で落ちるのかと疑問に思うかもせれません。

しかし緑茶でも落とすことができるのです。

緑茶でのシミの落とし方は、とても簡単で緑茶を染み込ませたティッシュでシミを叩くだけです。

わざわざ沸かしたお茶ではなくて市販の緑茶でも大丈夫ですよ。

 

緑茶を使った落とし方

1、まず、テッシュにお茶を浸します。

しっかり浸した方がいいのですが、べちゃべちゃに濡らすのはやり過ぎなので、べちゃべちゃになる1歩手前でとどめてくださいね。

2、シミの部分の裏側に乾いたテッシュを敷き、緑茶が染み込んだティッシュでシミを叩いていきます。

この時も、絶対にこすってはいけません。

20回ほどぽんぽんと叩いていると、ほとんどシミが消えていると思います。

3、シミが落ちたら、いつものように洗濯します。

まだ取れていなければ、もう少しぽんぽんと叩いて、シミが落ちたら普通に洗濯をして完成です。

時間が経った頑固な醤油のシミでも、家庭にあるものだけでこんなに簡単に落としてしまうことができますよ。



スポンサーリンク

外出先での醤油の染み抜きの応急処置

外出先で醤油のシミをつけしてしまって、今すぐどうにか落としたい!

先程の緑茶の方法でも落とすことは出来ますが、手元に緑茶がなかったり、緑茶がついた状態でいるのは気になる…。

そんな時には、醤油のシミがついてすぐだとテッシュさえあれば応急処置は可能です。

1、醤油がついてしまった所の裏側にテッシュを敷き、水で濡らしたテッシュで叩いていきます。

しつこいようですが、この時もこすってはいけません

2、醤油のシミが取れたら、新しい乾いたテッシュに水分を染み込ませて完成です。

この方法はあくまでも応急処置なので、お家に帰ってから本格的に醤油のシミを落としてくださいね。



スポンサーリンク

まとめ

今回は、歯磨き粉や緑茶での醤油の染み抜き方法と時間が経った頑固なシミでも落とせるのか、外出先での応急処置についてご紹介しました。

歯磨き粉も緑茶も身近なもので簡単に染み抜きできる方法なので、醤油でシミがてきてしまった時にはぜひ試して見てくださいね!



スポンサーリンク