Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
洗濯グッズ

おしゃれ着洗剤の代用品はある?柔軟剤・普通の洗剤との違いは?



スポンサーリンク

多くの種類の洗濯洗剤やおしゃれ着洗剤・柔軟剤がありますが、そもそも違いは何なのでしょうか。

大切な服におしゃれ着洗剤を使えば、クリーニングに出さずに自宅の洗濯機で洗うことが出来るという印象です。

おしゃれ着洗剤の代用品はあるのでしょうか?

今回は、おしゃれ着洗剤の代用となるものや、おしゃれ着洗剤と普通の洗剤や柔軟剤との違いをご紹介します。



スポンサーリンク

おしゃれ着洗剤の代用になるものは?

もしかすると、そこまで出番がないかもしれないおしゃれ着洗剤。

いざ使いたい時に代用できるものは他にあるのでしょうか?

実は、どこのご家庭でもあるものでおしゃれ着洗いの代用ができます。

そのアイテムは、シャンプーです。

シャンプーは人の髪の毛を洗うものです。

ウールも羊の毛ですので、毛を洗うという点では同じです。

なので、シャンプーが代用に使えるのです。

 

ひとつ注意してもらいたいのは、洗う水の温度です。

お湯ではなく水、または水にちかいぬるま湯を使いましょう。

ウールをお湯で洗うとフェルト化したり、縮みの原因になります。

泡立ちが良いので、洗濯機で使用するよりも手洗いがおすすめですが、どうしても洗濯機で使用するという場合は、初めは少ない量のにシャンプーを入れて、泡立ちの様子を見ながら加減して入れるようにしましょう!



スポンサーリンク

おしゃれ着洗剤と柔軟剤の違い

おしゃれ着洗剤と柔軟剤の違いを分かりやすく説明すると、

  • おしゃれ着洗い → シャンプー
  • 柔軟剤 → コンディショナー

です。

おしゃれ着洗剤はシャンプーの役割、つまり汚れを落とす役割を果たすものです。

柔軟剤は、コンディショナーやリンスの役割、つまり洗剤で固くなった繊維を、柔らかい風合いに仕上げるものです。

柔軟剤には、汚れを落とすという機能が全く備わっておらず、おしゃれ着洗剤は、洗剤ですので汚れを落とす効果があります。

 

おしゃれ着洗剤の中にも、服を滑らかにするトリートメントの成分が配合されているものあります。

普通の洗剤を使うといつもと同じ服の肌触りですが、おしゃれ着洗剤を使うと仕上がりがふかふかになります。

なので、おしゃれ着洗いは素材感が決め手の服にはとてもおすすめなのです。

また、おしゃれ着洗いは繊細な素材の服でもふんわりと仕上げることが出来る様に、洗浄力を弱くしてあります。

色落ちの原因になるような蛍光増白剤や漂白剤などの成分も含んでいません。



スポンサーリンク

おしゃれ着洗剤と普通の洗剤の違い

柔軟剤とおしゃれ着洗いの違いは、シャンプーとコンディショナーのような違いとお話しました。

では、おしゃれ着洗剤と普通の洗剤との違いは何でしょうか。

普通の洗剤は、弱アルカリ性の方が洗浄力が高いとされているので、弱アルカリ性を使っています。

その洗浄力の高さから、色あせなど衣服に負担がかかってしまうことがあります。

ですから、デリケートな衣類は弱アルカリ性の洗剤で洗濯するのを避け、普段着や綿、麻やナイロンやポリエステルなどの素材を洗濯するときに使用します。

 

おしゃれ着洗剤は中性洗剤を使っています。

中性洗剤は弱アルカリ性の洗剤に比べると洗浄力は低いですが、素材への影響が少なく、衣類の色あせや型くずれを防ぎながら汚れを落とすことができる洗剤です。

さらに、ダメージを減らすために中性洗剤の中でも洗浄力が弱めの洗剤を使っています。



スポンサーリンク

まとめ

今回は、おしゃれ着洗剤の代用となるものや、おしゃれ着洗剤と普通の洗剤や柔軟剤との違いをご紹介しました。

同じように思える洗濯用洗剤やおしゃれ着洗剤・柔軟剤ですが、それぞれ成分が違います。

  • 汚れをしっかり落としたいなら、通常の濯用洗剤
  • 大事な服を優しく洗ってふかふかに仕上げたいなら、おしゃれ着洗い
  • 柔軟剤には洗浄効果はありませんので、衣類の肌触りを良くするために使いましょう。
服にあった洗剤を選んで、大事なお洋服を綺麗に洗濯して長く着れるようにしましょうね!



スポンサーリンク