Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宅配クリーニング

大掃除で服を処分・断捨離するコツと方法!クローゼットはすっきり!



スポンサーリンク

大掃除の季節になると、大量の服を処分して断捨離しようと決意しますよね。

でもいざ、大掃除に取り掛かると一体どうやって服を処分して断捨離したらいいのか迷ってしまいます。

今回はそんなあなたのために、大掃除で服を処分して断捨離をするコツと方法をご紹介します。

 



スポンサーリンク

大掃除で服を処分・断捨離するコツ

服を断捨離して処分するためには、まずは洋服を3つのカテゴリーに分けてみましょう。

  1. 必ず着るもの、毎日使うもの
  2. 今は使わないが使う時が必ずあるもの
  3. 体型が変わって着れないもの
  4. ときめかないもの、まったく使わないもの、もしかしたら使うもの、1年以上使っていないもの

 

1、必ず着るもの、毎日使うもの

お気に入りの洋服や仕事着などの制服は、必ず着ますし毎日使うものですよね。

このカテゴリーはいわゆる「ときめくもの」なので、比較的仕分けすることはスムーズでしょう。

かといって、あれもこれもとたくさんの洋服を持ってしまっては断捨離になりません。

自分に必要な洋服の枚数を把握して厳選することは大切です。

洋服の必要枚数の目安
  • 季節の服:春夏秋冬 各25枚程度(トップス、ボトムス、アウター等含み)
  • フォーマルウェア:2~3着程度
  • 部屋着:季節により2~3着程度
  • ワンアイテム:3~5枚まで

 

2、今は使わないが、使う時が必ずあるもの

「今は使わないが、使う時が必ずあるもの」とは、例えば冠婚葬祭に着る洋服です。

季節など、時・所・場所に合わせて、2~3着程度に絞って持っておくといいでしょう。

 

3、体形が変わって着れないもの

誰しもずーっと同じ体型を維持できていないのが悩みですよね。

むしろ、同じ体型を維持し続けることができている人の方が少ないでしょう。

「痩せたら着るかもしれない」

そう思ってるいるかもしれませんが、本気でダイエットに取り組まない限りは、その時が来るのは可能性として低そうです。

ここは思い切って処分して断捨離してしまいましょう!

 

もしかしたら着るかも、そう言って一年以上経つ服は断捨離すべし!

「もしかしたら着るかも」

そう言って取っている服こそ、最大の断捨離ターゲットです!

もしかしたら・・・あれから一年経っていませんか?

一年着ていないのなら、来年も着ることはありません。

衣替えの時に、一度も袖を通さず、また収納ケースに入れるだけですよ。

この「もしかしたら着るかも」にカテゴリー分けされた洋服こそ思い切って捨てましょう。

 



スポンサーリンク

大掃除で服を処分・断捨離する方法

とはいっても、お気に入りだった洋服やまだ着れそうな洋服を捨てるのは気が引けてしますかもしれませんね。

そんな時は、洋服を処分・断捨離する方法には他にもいろんな手段があります。

 

人に譲る

誰かにまた来てもらえると思うと、洋服を捨てる罪悪感やもったいないという気持ちは軽減しますね。

ただ、以前はお下がりは有難がられていましたが、最近はそうとは限りません。

声を掛ける場合は、相手が気持ちよくお下がりを受け取ってくれるか見極めは必要となりますね。

私は、特に妊婦用の洋服を頂いたときはありがたかったです。期間限定の洋服は着る期間も短いので、わざわざそろえるのはもったいないですもんね。

 

掃除道具にする

服の状態によっては、人にはとても譲れないという洋服もありますよね。

捨てようと決めた洋服は、どうせならもうひと活用してから捨てちゃいましょう。

掃除道具にしてしまって、そのままゴミに捨ててしまいます。

部屋もキレイになって、いらなくなった服も処分・断捨離できて、一石二鳥です。

  • フリース:柔らかさと静電気を生かしてホコリ取りに
  • デニム:デニムのしっかりした素材が頑固な汚れ落としに
  • Tシャツ:雑巾代わりにして拭き掃除に

フリースは静電気が起きやすい素材ですが、それを生かして溜まったホコリをしっかり取ることができます。

また柔らかい素材なので、狭いすき間の汚れも細い棒などに巻き付ければ取ることができます。

デニムは、しっかりした素材を生かしてお風呂の鏡の水垢を取ることができます。

歯磨きをつけて磨けば、鏡がピカピカになります。

重曹をつければ、キッチンの油汚れや茶渋も落とすことができます。

また、Tシャツは雑巾がわりにうってつけで、大掃除では大活躍間違いなしですよ。

 

リサイクルショップ

捨ててしまっては0円です。

でも、リサイクルショップに持ち込めばまとめて数円~数十円ということもありますが、0円ではありませんね。

少しでもお小遣いの足しにしたいという人は、リサイクルショップ一度持ち込むのもありです。

 

宅配買取

人に譲ったりはできないし、かといってリサイクルショップに持ち込むのは面倒くさい。

そんな時は、「宅配買取」が便利ですよ。

電話一本で自宅にいながら、断捨離したい洋服を集荷して査定してくれます。

一切費用が掛からず、無料で利用することができます。

全て無料!
  • 査定量
  • 往復の送料
  • 梱包キット
  • キャンセル料(査定後のキャンセル)
  • 振込手数料(買取金額)



フリマアプリ(メルカリなど)

もう定番になってそうですが、意外と使っていない人もまだまだ多いようです。

売るなら「オークション」が、おすすめですよ。

何より、自分で値段の設定ができます。

出品する洋服の写真撮ったりなどの手間はかかりますが、1度出品したら後は放置出できます。

質問(サイズや送料などの問い合わせ)はありますが、その他はオークション終了まで放置でいいので楽ですよね。

 



スポンサーリンク

処分に迷う服があったら、リナビスに出してみるのもあり!



気に入ってるんだけど、「毛玉がついて大変なことに」「シミがついてしまった」などの理由で、処分するかどうか迷うこともありますよね!

そんな時は一度クリーニングに出してみるのもいいですよ。

宅配クリーニング「リナビス」は、「毛玉取り無料」「染み抜き無料」おまけに「送料無料」です。

インターネットで申し込んで、電話で集荷を依頼すれば、家から一歩も出ずにクリーニングに出すことができます。

 

送料無料!大掃除で服もきれいにするなら宅配クリーニング「リナビス」がおすすめ!
 



スポンサーリンク

まとめ

今回は、大掃除で服を処分して断捨離をするコツと方法をご紹介しました。

毎年、大掃除の季節になると大量の洋服の処分をどうするか、どう断捨離したらいいのか頭を悩ませていたでしょう。

今年こそは、大掃除で服を処分して断捨離を成功させましょう!

 



スポンサーリンク